スズキ、スプラッシュをマイナーチェンジ

2011.02.23 自動車ニュース

スズキ、「スプラッシュ」をマイナーチェンジ

スズキは2011年2月22日、コンパクトカー「スプラッシュ」を一部改良して発売した。

ドライブトレインがスイフトに準じたものに置き換えられたのが、今回のポイントだ。1.2リッター直列4気筒エンジンのVVT(可変バルブタイミング)機構が、吸気側に加えて排気側にも採用され、CVTが副変速機構付きのものに変更された。これにより、最高出力は88psから91psに、最大トルクは11.9kgmから12.0kgmにアップ。同時に、10・15モード燃費も18.6km/リッターから20.5km/リッターへと向上した。

横滑りを防止するESPやキーレススタートシステムが標準装備され、安全性と利便性の向上も図られている。

そのほか、シート表皮のパターンを幾何学的なものに変更。15インチアルミホイールは、スポーティなデザインのものとされた。

価格は、これまでより4万8300円高い128万7300円。

(文=滝本 智志)


「スズキ・スプラッシュ」
「スズキ・スプラッシュ」 拡大

スズキ、スプラッシュをマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
スプラッシュスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 第79回:日本の国民車はなぜダサイ 2018.2.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第79回は「日本の国民車はなぜダサイ」。いま日本で売られているクルマで、一番いいモデルはどれか!? 筆者が“これぞ出色のデキ”と太鼓判を押すモデルを発表。脱・ダサ国民車のススメ。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る