スズキ、スプラッシュをマイナーチェンジ

2011.02.23 自動車ニュース

「スズキ・スプラッシュ」
スズキ、スプラッシュをマイナーチェンジ

スズキ、「スプラッシュ」をマイナーチェンジ

スズキは2011年2月22日、コンパクトカー「スプラッシュ」を一部改良して発売した。


スズキ、スプラッシュをマイナーチェンジ

ドライブトレインがスイフトに準じたものに置き換えられたのが、今回のポイントだ。1.2リッター直列4気筒エンジンのVVT(可変バルブタイミング)機構が、吸気側に加えて排気側にも採用され、CVTが副変速機構付きのものに変更された。これにより、最高出力は88psから91psに、最大トルクは11.9kgmから12.0kgmにアップ。同時に、10・15モード燃費も18.6km/リッターから20.5km/リッターへと向上した。

横滑りを防止するESPやキーレススタートシステムが標準装備され、安全性と利便性の向上も図られている。

そのほか、シート表皮のパターンを幾何学的なものに変更。15インチアルミホイールは、スポーティなデザインのものとされた。

価格は、これまでより4万8300円高い128万7300円。

(文=滝本 智志)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る