【スペック】全長×全幅×全高=4320×1850×1435mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(250ps/5500rpm、34.7kgm/3000rpm)/価格=385万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)【ブリーフテスト】

ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT) 2011.02.23 試乗記 ……385万円
総合評価……★★★★

3代目「ルノー・メガーヌ」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌ ルノースポール」に試乗。走りから使い勝手まで、その実力を確かめた。

「通」か「変」か

「日本人は変だ」。ルノー・ジャポンの担当者は、仏ルノーのスタッフから、冗談まじりにそんなことを言われることがあるという。欧州屈指の大衆車メーカーの製品にもかかわらず、東洋の島国で売れるのは、(ほぼ)商用車の「カングー」と、走りに特化した「RS(ルノースポール)」バージョン。その極端さ。年間2500台前後の小さな市場にして、RSシリーズ販売店の数は、フランス、ドイツについて3番目だとか。ルノーのマーケッターならずとも、首をひねりたくなる不思議な顧客層である。

2008年秋にデビューした「メガーヌ」が、2年と少々遅れて、ようやく日本に入ることになった。メガーヌは、フォルクスワーゲンでいえばゴルフにあたるルノーの堂々たる基幹車種だが、極東に先陣切って送られるのは、イメージブースターたるルノースポール版。2リッター直4ターボ(250ps、34.7kgm)に6段MTの組み合わせという、かの地のスポーティの王道モデル。しかし左ハンドルのみということと併せ、一般の日本人にはなかなか手を出しにくいクルマではある。

価格は385万円から。「アウディTTクーペ」よりは大分お安く、「プジョーRCZ」といい勝負。ライバルと比較して「走り」は勝るとも劣らないメガーヌ ルノースポールだが、一方で両車ほどスペシャルなボディをもっているわけではない。そんな地味派手な(!?)クルマを愛(め)でるメガーヌRSオーナーを「ちょっと変」と見る日本人がいてもおかしくないが、(一部の)クルマ好きにとって、そうした評価が意外にうれしかったりするものである。「通」と「変」は、多くの場合、紙一重なものだから。

 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)【ブリーフテスト】の画像
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)【ブリーフテスト】の画像
 
ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • 地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売 2017.2.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月23日、マルセイユから見渡す地中海の色をイメージしたボディーカラーをまとう、「カングー」の特別仕様車「クルール」を設定。同日、販売を開始した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る