「アウディTT RS クーペ」に7段Sトロニック設定

2011.02.22 自動車ニュース

「アウディTT RS クーペ」に7段Sトロニックを設定

アウディジャパンは2011年2月21日、アウディTTシリーズのハイパフォーマンスモデル「TT RS クーペ」のトランスミッションを「7段Sトロニック」に変更し、発売した。

「TT RS クーペ」は、2.5リッター直5ターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/5400-6500rpm、最大トルク45.9kgm/1600-5300rpmというパフォーマンスを誇るTTシリーズのトップモデル。
今回、従来の「6段マニュアルトランスミッション」がデュアルクラッチギアボックスの「7段Sトロニック」に変更され、オートマチックドライブが可能となった。

価格は、従来型より28万円高い863万円。

(webCG ワタナベ)

 
「アウディTT RS クーペ」に7段Sトロニック設定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TT RSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る