【スペック】全長×全幅×全高=3885×1695×1500mm/ホイールベース=2510mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(69ps/6000rpm、9.4kgm/3600rpm)/価格=126万5000円(テスト車=164万9300円/HIDセット=5万5650円/スマートエントリーセット=4万5150円/フロントフォグランプ=1万500円/シルバーデコレーション=1万500円/Naviセット=22万500円/SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ=4万2000円)

トヨタ・ヴィッツ ジュエラ(FF/CVT)【試乗記】

芯のある軽さがイイ 2011.02.22 試乗記 トヨタ・ヴィッツ ジュエラ(FF/CVT)
……164万9300円
女の子スタイルから男らしい印象になった新型「ヴィッツ」。こんな変化はもしかして……? “おっさん女”代表!? のスーザン史子が、女性目線でリポートします。

“おっさん女”対策!?

前クールのTVドラマは、米倉涼子に篠原涼子、松雪泰子がそれぞれ主演の“おっさん女”が大集合でした。“おっさん女”というのは、女らしさもそこそこに、男社会のなかで半ば同化しながら生きてる女子たちのことを言うんだけど、それはなにもドラマのなかだけの話ではありません。かく言うワタシも、定期的に開かれる女子会では、ジョッキ片手にニンニクつついてます。そういえば先日参加した女子会では「最近、女性ホルモンの出が悪くなってるみたいで……」という衝撃発言まで飛び出した! デキるエリート女子だけに、過度の深夜残業で体まで男性化しちゃってたんだ〜。
そんなおっさん女たちの対局をいくのが媚びる女。巨乳グラビアアイドルが人気騎手と噂になれば「金が目当てか!?」と、真っ先に思ってしまう。媚(こ)びる女はおっさん女の敵です。

これまで女性向けのクルマってのは、おおむねグラビアアイドル化していたんですよ。「女の子はこういうカワイらしいのがいいんでしょ!」って。でもね、女だって色々なんッスよ! だいたい、おっさん女にグラビアアイドルみたいなカワイイクルマなんて、冗談みたいだし、おつむがスッカラカンに見えてしまうという危険性まではらんでるんですから。

そんな男度数高めの女子対策かどうかは知らないけど、新型「ヴィッツ」は全体的に丸みを帯びた愛玩系の先代から一新、低重心でスッキリと引き締まったスタイルでクールにイメージチェンジ。男っぽくなった。そんな中でも今回試乗した「ジュエラ」は、女性向けのグレード。プラチナのネックレスをイメージさせるメッキグリルをはじめ、インパネまわりにもメッキやシルバー塗装を控えめにほどこしていて、大人のインテリ女子って感じがしないでもないじゃない?

マニュアルエアコンのスイッチやインサイドドアハンドル、サイドブレーキなどにメッキ加飾が施される。
マニュアルエアコンのスイッチやインサイドドアハンドル、サイドブレーキなどにメッキ加飾が施される。
「トリュフ」という茶色の内装はジュエラ専用。ライトグレーも用意される。
「トリュフ」という茶色の内装はジュエラ専用。ライトグレーも用意される。
トヨタ・ヴィッツ ジュエラ(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る