第181回:「恋はベンチシート」アゲイン!

2011.02.19 エッセイ

第181回:「恋はベンチシート」アゲイン!

いろんな意味で“使える”ベンチシート

1980年代に人気を博したバンド「ジューシィ・フルーツ」の大ヒット曲といえば「ジェニーはご機嫌ななめ」である。だが彼らは「恋はベンチシート」という曲もリリースしている。
近田春夫氏による歌詞は秀逸だ。「狭すぎる、あなたの自慢のクーペ」で始まり、やがて「だからベンチシートの車に買い換えてよ」という決め台詞がくる。要は、車内で恋人同士でいちゃつくにはベンチシートが最高、というお話である。

ボクもベンチシートや、ベンチシート風のセパレートシート(ベンチシート風でありながら、運転席・助手席が独立して前後スライドやリクライニングできるもの)が大好きである。東京時代、ベンチシート風セパレートシート+コラムATの「ビュイック」を2台乗り継いだのもそのためだ。
残念ながら、前述の歌が目指すシチュエーションに達することはなかった。それどころか、そこそこ見栄えのいいクルマゆえ、のちに義父となる彼女の父親のお出かけ用運転手として使われてしまった。とほほである。

それでもビュイックは快適だった。ボクが当時住んでいた東京郊外から都心に至るのには、ほぼ中央道と首都高だけ。冬のスキーも関越道・中央道沿いからあまり奥地を目指さなかった。だから、自動車雑誌が追求するようなシートホールディングは必要なかったのである。

壁などに邪魔されて運転席側ドアを開けて降りられない場合、スルっと助手席側に移動して降りられる利便性もあった。今日、イタリアで壁の脇に縦列駐車し、助手席側に移って降りるとき、シフトレバーに足をぶつけたり、腰をひねって「イテテテ」となったりするたび、「ビュイックのときは、こんな苦しい目には合わなかったな」と懐かしくなる。

さらにビュイックは6人乗りだったので、3名乗車する場合、前席に並んで座れた。少々窮屈でも、そうすることによって、誰か1名を後席に回す仲間外れ感が避けられた。

ボクが1990年代中頃、東京で乗っていた「ビュイック・リーガル」(米国名:センチュリー)。
ボクが1990年代中頃、東京で乗っていた「ビュイック・リーガル」(米国名:センチュリー)。
これぞベンチシート! 1959年「キャデラック・シリーズ62コンバーチブル」。
これぞベンチシート! 1959年「キャデラック・シリーズ62コンバーチブル」。
こちらは戦中派。1941年「キャデラック・シリーズ62コンバーチブル」のベンチシート。
こちらは戦中派。1941年「キャデラック・シリーズ62コンバーチブル」のベンチシート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。