ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.02.18 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」を出展

独ポルシェAGは2011年3月1日に開幕するジュネーブショーに、「パナメーラ」のハイブリッド版「パナメーラSハイブリッド」を出展すると発表した。

■ポルシェ史上、最良の燃費

ポルシェは2008年、「パナメーラ」の市場投入をアナウンスした時点で、後にハイブリッドモデルを追加すると公言していた。それがいよいよ2011年3月1日に開幕するジュネーブショーで、「パナメーラSハイブリッド」としてデビューを飾ることとなった。

パナメーラSハイブリッドは、「カイエンSハイブリッド」と共通のパラレル式ハイブリッドシステムを搭載する。スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン(333ps)に電気モーター(47ps)が組み合わされたこのハイブリッドシステムは、システム全体で380psを発生。そのパフォーマンスは、0-100km/h加速を6.0秒、最高速度270km/hというものだ。

エンジンと8段ATとの間に配置された小型モーターは、それ単体での駆動も可能。EVモードでは、最高85km/hで、最大2kmまでの移動が可能だ。またこのモーターは、ジェネレーターとしても機能し、ブレーキング時などに発生したエネルギーを電気に変換し、バッテリー(ニッケル水素タイプ)に蓄える役割を果たす。

アクセルオフでエンジンを切り、燃費を向上させる「コースティング機能」を搭載しているのも、カイエンSハイブリッドと共通する特徴だ。パナメーラSハイブリッドの場合、時速165km/h以下で駆動力が絶たれると、エンジンがドライブトレインから切り離され停止する。これは主に高速走行時の燃費向上に貢献するという。

そんなパナメーラSハイブリッドの燃費は、7.1リッター/100km(約14.1km/リッター)。CO2排出量に換算すると167g/kmに相当する。さらにオプションで用意される、転がり抵抗を低減した専用設計のタイヤ(ミシュラン製)を装着すると、燃費は6.8リッター/100km(約14.7km/リッター)、CO2排出量は159g/kmにまで低減されるとのこと。これらの数値はポルシェ史上、最良のものだ。

(webCG 曽宮)

「パナメーラSハイブリッド」
「パナメーラSハイブリッド」
ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」を出展【ジュネーブショー2011】の画像
ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」を出展【ジュネーブショー2011】の画像
ポルシェ、「パナメーラSハイブリッド」を出展【ジュネーブショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
ホームへ戻る