【スペック】全長×全幅×全高=3888×1665×1156mm/ホイールベース=2224mm/車重=795kg/駆動方式=MR/0.8リッター直2ディーゼルターボ(48ps、12.2kgm)+モーター(27ps、10.2kgm)(プロトタイプ)

フォルクスワーゲンXL1プロトタイプ(MR/7AT)【海外試乗記】

ハンパな“エコカー”じゃない! 2011.02.18 試乗記 フォルクスワーゲンXL1プロトタイプ(MR/7AT)

1リッターで100km以上走る、未来のスーパーエコノミーカー「XL1」。市販に向けての装備が整いつつある、最新のプロトタイプカーに試乗した。

9年ぶんの進化

ヨーロッパでの最新燃費測定法「NEDC」で、100km走行あたりの燃料消費量がわずかに0.9リッターという、フォルクスワーゲンが手がけたスーパーエコノミーカー。その試乗のため、まさにアジアカップの決勝戦が行われるというタイミングに、中東カタールまで出かけて来た。0.9リッター/100kmといえば、日本式表記で実に111.1km/リッターという値。ディーゼルエンジン搭載のハイブリッドモデルゆえ、燃料の単位消費量当たりのCO2排出量はガソリンの場合よりも増すものの、それでもその値は1km走行あたりわずかに24gだから、やはりそれはハンパな“エコカー”とは格が違うのだ。「そんなモデルのイベントを、なにゆえに『産油国』で行うのか?」という疑問ももっともだが、実はフォルクスワーゲン株の17%は政府系ファンドであるカタール投資庁が保有している。それもあり、フォルクスワーゲンは、このモデル「XL1」のワールドプレミアの場を、1月末に開催のカタールモーターショーとしたに違いない。

空気抵抗を極限まで低減させた造形のCFRP製ボディを採用する、コンパクトな2シーターのスーパーエコノミーカー――フォルクスワーゲン発のそんなモデルには、実はすでに9年近い歴史がある。
初代は2002年4月の株主総会の際に、本社ヴォルフスブルクから会場であるハンブルクまでの230kmの区間を、当時の取締役会長であるフェルディナント・ピエヒ氏が自らドライブしたことで話題となった、その名も「1リッターカー」。2代目は、それをベースに「量産モデルがどのようなデザインになるかを示唆する」と銘打たれた「L1」で、こちらは2009年秋のフランクフルトショーに出展されている。
そんな2台を踏み台に、さらなる量産化要件を盛り込んだというのが今回発表された「XL1」。前2者との最も大きなデザイン上の相違点は、タンデム(前後)式からオーソドックスなサイドバイサイド式へと変更された2シーターパッケージ。これも「車内でのコミュニケーションを考えると、やはりこちらがベターであろうという判断からの採用」と、やはり量産化への思いが連想されるものだ。

トランスミッションは7段のDSGを搭載する。
トランスミッションは7段のDSGを搭載する。
助手席は運転席より277mm後ろにオフセットされて配置される。
助手席は運転席より277mm後ろにオフセットされて配置される。
“プラグイン”による充電で、およそ35kmのEV走行が可能。
“プラグイン”による充電で、およそ35kmのEV走行が可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。