Bクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

2011.02.16 自動車ニュース

Bクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年2月16日、「Bクラス」に自動車生誕125周年を記念した特別仕様車「B180 125!Edition(エディション)」を設定し、発売した。

「メルセデス・ベンツB180 125!エディション」は、1.7リッターエンジン搭載の「B180」をベースに、スポーティなエクステリアと快適性を高める室内装備を追加した300台限定の特別仕様車。車名に「125!」とあるとおり、1886年にカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが自動車を発明して以来125周年を迎えることを記念して設定されたモデルだ。

エクステリアは、通常ではオプションとなる、クロームを施したフロントグリル/サイドプロテクションモール/エグゾーストエンドや専用デザインの17インチ5ダブルスポークアルミホイールの採用により、スポーティな演出が図られた。アクティブ・ライド・システム付きのバイキセノンへッドライト&ヘッドライトウォッシャーやコーナリングライト、荷室開口部にはステンレステールゲートシルプレートも備わる。

インテリアは、レザーツインシートやアルミニウム付き本革巻きスポーツステアリングホイール、本革巻きシルバーシフトノブの採用で質感を向上。ステアリングシフトのほか通常では設定されないパワーシート(前席)を装備し、快適性が高められた。

さらに、オプションとして、ステアリングホイール上のスイッチでiPod/USBなど外部オーディオの操作ができるメディアインターフェイスや、駐車時などに障害物の接近を知らせる「パークトロニック」も選べる。

ボディカラーはベースと同じ9色から選べ、メタリックペイントも特別価格4万2000円(通常6万3000円)で提供される。
価格は、ベース車より32万円高い331万円。300台の限定販売となる。

(webCG ワタナベ)

「B180 125!エディション」
「B180 125!エディション」 拡大

関連キーワード:
Bクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る