Bクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

2011.02.16 自動車ニュース

Bクラスに、自動車生誕125周年記念の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年2月16日、「Bクラス」に自動車生誕125周年を記念した特別仕様車「B180 125!Edition(エディション)」を設定し、発売した。

「メルセデス・ベンツB180 125!エディション」は、1.7リッターエンジン搭載の「B180」をベースに、スポーティなエクステリアと快適性を高める室内装備を追加した300台限定の特別仕様車。車名に「125!」とあるとおり、1886年にカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが自動車を発明して以来125周年を迎えることを記念して設定されたモデルだ。

エクステリアは、通常ではオプションとなる、クロームを施したフロントグリル/サイドプロテクションモール/エグゾーストエンドや専用デザインの17インチ5ダブルスポークアルミホイールの採用により、スポーティな演出が図られた。アクティブ・ライド・システム付きのバイキセノンへッドライト&ヘッドライトウォッシャーやコーナリングライト、荷室開口部にはステンレステールゲートシルプレートも備わる。

インテリアは、レザーツインシートやアルミニウム付き本革巻きスポーツステアリングホイール、本革巻きシルバーシフトノブの採用で質感を向上。ステアリングシフトのほか通常では設定されないパワーシート(前席)を装備し、快適性が高められた。

さらに、オプションとして、ステアリングホイール上のスイッチでiPod/USBなど外部オーディオの操作ができるメディアインターフェイスや、駐車時などに障害物の接近を知らせる「パークトロニック」も選べる。

ボディカラーはベースと同じ9色から選べ、メタリックペイントも特別価格4万2000円(通常6万3000円)で提供される。
価格は、ベース車より32万円高い331万円。300台の限定販売となる。

(webCG ワタナベ)

「B180 125!エディション」
「B180 125!エディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)/メルセデスAMG A45 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.8 試乗記 デビューからはや3年が経過した「メルセデス・ベンツAクラス」がマイナーチェンジを受けた。快適性とダイナミックさという相対する要素を同時に高めたという最新型の実力やいかに? 日本での発売に先んじて、本国ドイツで試乗した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る