ランチア、新型「イプシロン」など出展【ジュネーブショー2011】

2011.02.16 自動車ニュース
「ランチア・イプシロン」
ランチア、新型「イプシロン」など出展【ジュネーブショー2011】

【ジュネーブショー2011】ランチア、新型「イプシロン」など出展

伊ランチアは、2011年3月1日に開幕するジュネーブショーに、エントリーコンパクト「イプシロン」や、クライスラーとの提携が色濃く反映されたニューモデルを出展する。

■3代目「イプシロン」がアンベール

ランチアブランドからは、3代目となる新型「イプシロン」がお目見えする。歴代2モデルが3ドアだったのに対し、新型では、欧州Bセグメントの約3分の2を5ドア車が占めるという市場トレンドを鑑みて、シリーズで初めて5ドアが採用された。ただしリアドアの存在を感じさせないデザイン処理が採用されるなど、ただの実用ハッチでないことを強調したスタイリングとされた。

リアまわりは、兄貴分「デルタ」の雰囲気を採り入れた、丸みを帯びたデザインを採用。ボディサイズは、全長×全幅×全高=3840×1670×1510mm。ホイールベースは2390mmと、日本の5ナンバー枠にも収まるサイズだ。

スモールセグメントにしてはインテリアが豪華な仕上げなのもイプシロンの特徴。新型では、乗員をやさしく包み込むことをテーマに、ドアパネルやシート素材が吟味された。なお内装は、3種類(シルバー、ゴールド、プラチナム)のトリムが用意され、それぞれ異なる雰囲気のインテリアが演出された。

エンジンは、1.2リッター直4の「1.2 8V」(69hp)と、0.9リッター直2の「ツインエア」(85hp)の2種類のガソリンユニットのほか、1.3リッター直噴ディーゼルの「マルチジェットII」、ガソリンとLPGに対応したバイフューエルなど、フィアットの新世代パワーユニットが搭載される。

「ランチア・テーマ」
「ランチア・テーマ」
「ランチア・フラビアカブリオ」
「ランチア・フラビアカブリオ」

■「テーマ」や「フラビア」など往年のビッグネームが

ランチアはこのほか「テーマ」や「フラビア」など、往年の名車の名を冠するモデルを出展する。
ただし、テーマは「クライスラー300C」、フラビアおよびフラビアカブリオは「クライスラー200/200コンバーチブル」をそれぞれベースとする、いわゆるバッジエンジニアニング・モデルで、基本デザインはクライスラー車のそれを踏襲している。ベース車との違いはフロントグリルや内装の一部素材にとどまる。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)【試乗記】 2011.6.28 試乗記 ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)
    ……486万3500円

    1750ターボエンジンを搭載した「ランチア・デルタ」が上陸。日本導入モデルでは初となる、フィアットの最新エンジンの走りを試した。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • 第432回:公道で「アイサイト・ツーリングアシスト」を体験!
    先進の運転支援システムの“現状”と“課題”を考える
    2017.8.12 エディターから一言 「WRX S4」「レヴォーグ」の改良モデルから導入が進められている、スバルの最新運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」。より緻密になった加減速の制御と、強化された操舵支援機能を、渋滞の首都高速道路で試した。
ホームへ戻る