【スペック】全長×全幅×全高=3805×1725×1160mm/ホイールベース=2300mm/車重=910kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー付き(260ps/8000rpm、24.1kgm/6000rpm)/価格=888万円(テスト車=945万3900円/ライフスタイルペイント(アスペンホワイト)=22万8000円/エアコン=28万2900円/フロアマット&遮音マットセット=6万3000円)

ロータス・エキシージCUP260(MR/6MT)【試乗記】

ひとつの完成形 2011.02.16 試乗記 ロータス・エキシージCUP260(MR/6MT)

……945万3900円



レースを視野に入れながら公道も走れるロータス、「エキシージCUP260」。さらに鋭さを増したという最新モデルの実力を、ワインディングロードで試した。

こてこてのテコ入れ

1996年に初代「エリーゼ」を発表して以来、バスタブ構造のアルミシャシーを守り続け、ライトウェイトスポーツカーの指標であり続けているロータス。その中でも、かなりスパルタンな「エキシージCUP(カップ)260」の、“2010年モデル”が今回のテスト車である。

従来モデルからの見た目でわかる変更点は、フロントバンパーの開口部が拡大され、デザインも新しくなったこと。ラジエターに当たる風量は増大し、バンパー両側の開口部それぞれにオイルクーラーが配置され、エンジンの冷却性能もアップした。ちなみにこのオイルクーラーダクトを並行に仕切る羽根板はカーボンファイバー製で、大きな空気抵抗にさらされても変形しにくいという。
フロントバンパー下部にはカーボンコンポジット製のスプリッターも装着。フロントエンドで得た空気の流れをアップスイープさせ、タイヤ周りの乱流を整える。

また、これまで2本のステーで支持されていたGTウイングは、角度調整式の、より大型な翼端板支持タイプになった(幅は181mm、高さは46mm拡大)。取り付けをエンジンフードからボディクラムシェルへの直付けとして強度を上げつつ、その位置も61mm後退。時速160km/h走行時には42kgのダウンフォースが得られるようになったという。

そしてなによりロータスといえば軽量化だ。その足元には、フロントが5.56kg/本、リアが7.75kg/本と、標準装着ホイールとしてはロータスで最も軽量な鍛造ホイールを装着。ボディのほうも、ルーフパネルやシート、ダッシュパネルなど、さまざまな箇所にカーボンコンポジット素材を使用。その他のコンポーネンツも軽量なバッテリーやフライホイール、バルクヘッド、過給パイプ(アルミ製)などを採用し、車重は910kgに収められた。

2010年モデルよりさらに大型化された、カーボンコンポジット素材のリアウイング。取り付け位置も大きく後退した。
2010年モデルよりさらに大型化された、カーボンコンポジット素材のリアウイング。取り付け位置も大きく後退した。
サイドビュー。各所に入れられた黒い縞模様が、スペシャルモデルならではのデコレーションとなっている。
サイドビュー。各所に入れられた黒い縞模様が、スペシャルモデルならではのデコレーションとなっている。
軽さ自慢の鍛造アルミホイールは、前16インチ、後17インチの異径となる。その内側に見えるブレーキディスクの径は、前308mm、後288mm。APレーシング製のブレーキキャリパーと強化ブレーキパッドが組み合わされる。
軽さ自慢の鍛造アルミホイールは、前16インチ、後17インチの異径となる。その内側に見えるブレーキディスクの径は、前308mm、後288mm。APレーシング製のブレーキキャリパーと強化ブレーキパッドが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
ホームへ戻る