メルセデス・ベンツCクラスにクーペ誕生【ジュネーブショー2011】

2011.02.15 自動車ニュース

メルセデスの新型クーペ「Cクラス クーペ」誕生

【ジュネーブショー2011】メルセデスの新型クーペ「Cクラス クーペ」誕生

独ダイムラーAGは2011年2月13日、新型の2ドアクーペ「メルセデス・ベンツCクラス クーペ」を、3月に開幕するジュネーブショーでデビューさせると発表した。

2010年末にフェイスリフトが実施され、環境性能や安全装備もレベルアップが図られた「メルセデス・ベンツCクラス」。その一員に、2ドアモデルの「Cクラス クーペ」が加わることになった。

フロントまわりのデザインは、波型のヘッドランプに見られるように、お化粧直し後の「Cクラス セダン」を踏襲するもの。さらに、2本のルーバーからなる大型グリルやバンパー左右両端のデイタイムライニングライトで個性を主張する。
一方、長いボンネットや後端が引き伸ばされたキャビンなど、全体的なプロポーションは、同社が「ダイナミックな古典的クーペスタイル」と呼ぶとおり。短いテールの下側にはディフューザーも備わり、軽快でスポーティな走りを予感させる。

インテリアは、大人4人がゆったり乗れることを前提とした4座構成。リアシートを倒せば、荷室容量を拡大することができる。新型「CLS」とおそろいのステアリングホイールや3眼メーター、左右に大きく広がるセンターコンソールパネルなどが、デザイン上の特徴だ。
また、最新モデルにふさわしく、メルセデスのマルチメディアシステム「COMAND」にインターネット接続機能が新たに追加される。自由にウェブページの閲覧ができるほか、天気の情報を得たり、PCで調べたルートマップを転送して活用することもできる。

安全面も抜かりはない。エアバッグは標準で7つ。車線の逸脱を防止する「アクティブ・レーンキーピングアシスト」や、うとうとしているドライバーに注意を喚起する「アテンション・アシスト」など、多くのハイテク機能がドライブをサポートする。

そんな「Cクラス クーペ」は、エンジン別に、以下5種類のモデルをラインナップする。すべてに、ストップ&スタートシステムが標準で備わり、環境に配慮したモデルであることを示す「ブルーエフィシェンシー」の名称が与えられる。

・C180(1.8リッター直4ガソリン:156hp、25.5kgm)
・C250(1.8リッター直4ガソリン:204hp、31.6kgm)
・C350(3.5リッターV6ガソリン:306hp、37.7kgm)
・C220 CDI(2.2リッター直4ディーゼル:170hp、40.7kgm)
・C250 CDI(2.2リッター直4ディーゼル:204hp、50.9kgm)

ターゲットとされるユーザーは、35〜45歳が中心とのこと。本国では2011年6月に発売される。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る