日産、インフィニティのコンパクトハッチ出展【ジュネーブショー2011】

2011.02.15 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】インフィニティ、ハッチバックのコンセプトカーを出展

日産自動車は2011年3月1日のプレスデイで開幕するジュネーブショーに、インフィニティブランドのコンセプトカー「ETHEREA(エセレア)」を出展する。

「若い世代のドライバーに向けた、新しいラクシャリーカー」(プレスリリース)というコンセプトで生まれたのが、「インフィニティ・エセレア」。使い勝手の良いハッチゲートを持つ5ドアボディながら、クーペのようにエレガントなルーフラインが与えられ、セダンのような快適な室内をも兼ね備えるとうたわれる。
取りまわしの良さをアピールする同車の全長は4.4mと、インフィニティラインナップとしては比較的コンパクトで、「日産デュアリス」(全長4315mm)に近い。なお、ライバルとなるレクサスブランドにはコンパクトハッチバック「CT200h」(同4320mm)が存在する。

デザインは、日本の伝統的な美意識やクラフトマンシップをモダンに再構成して表現したというもの。公開された写真では、躍動的なボディデザインや特徴的な三日月状のCピラーなどが見られ、これは今後のインフィニティデザインの方向性を示唆しているという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。