第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)

2011.02.15 エッセイ

第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)〜『webCG』スタッフの気になるクルマはコレ!

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)

2011年2月1日、毎年この時期の恒例行事「JAIA」(日本自動車輸入組合)主催の輸入車試乗会が神奈川県大磯で開催された。今回は『webCG』スタッフそれぞれが、気になるクルマをセレクト&試乗。その印象を価格帯別にお伝えします。

【300万円以下ならコレ】
輸入車だって安いが一番!? 最も多くの試乗車が並んだこのクラス。なのに……、選ばれた6台はかなりの個性派ぞろいです。

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像

見てると癒やされるフィアット・プント エヴォ……205万円

なんで気になるクルマが「プント エヴォ」なのか? クルマを目の前にしても、やっぱりなんか違和感がある。「エヴォ」って顔じゃないですよ。
「グランデプント」から進化し、2010年6月に登場した「プント エヴォ」は、大人4人がゆったり乗れてちゃんと走れる実用的なハッチバック(5人乗りです)。アイドリングストップ機能も備わり、グランデプントより燃費は向上している。

エヴォって顔じゃないってことはおいといて、愛嬌(あいきょう)のある表情と、曲線のみで構成されるわりに甘過ぎないインテリアがいい。
ちなみに、プント エヴォにはアバルト仕様もあるので、見た目もパワーも派手なのが好きな方はこちらをどうぞ。こっちのほうがエヴォっぽい。

(webCG ワタナベ)

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像

思わず笑みがこぼれるシトロエンC3……209万円

外観は好き好きだと思うのだけれど、乗り込んだ瞬間ニンマリするフロントウィンドウ(ゼニスウィンドウ)は絶品。目の前から頭上まで、開放感は抜群で、まるでクルマじゃない(?)みたい。

インテリアの仕立てもかなり上質。フランス車も変わったもんだ。シートの出来も、ふっかりしっかり文句なし。変速機は4ATゆえ「まぁ確かに、ナンだな」と思うところはあるけれど、パワーそのものに不満はない。ざらついた路面を滑らかに感じさせる乗り心地の良さや足腰のしっかり感、ハンドル切った時に車体がゆっくり傾く感じだとか、とにかく乗れば乗るほど好きになる。

(webCG こんどー)

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像

不思議なクルマスマート・フォーツーmhd カブリオ……213万円

スマートの魅力はやっぱりこのカタチ。1997年のジュネーブショーで初代がデビューしてから、実に14年がたってるけど、今もこんなインパクトのあるクルマは他にない。

現行のスマートは、2008年12月に登場したアイドリングストップ搭載モデルで、2010年10月にちょこっと変更を受けている。フロント/サイド/リアスカートと給油キャップがボディ同色になって、カブリオのホイールは新デザインに。乗ってみるとダッシュボードも新しくなってスッキリした感じ。試乗車のボディカラーも新色です。

スマートって、乗り心地とかハンドリングの良い悪いは気にならない。近所のコンビニに行くだけでも特別な時間を与えてくれそうな不思議なクルマ。

(webCG ワタナベ)

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像

MTB積んで山に行きたいルノー・カングー1.6……229万8000円

「そういえば、去年もここでカングーに乗ったな」と、撮影の時に思い出した。正直、相当気になってるクルマである。日本のルノーの大ベストセラーカー。販売台数の約半数を占めるのだそうだ。

先代に比べボディはデカくなったけど、そのぶん室内もデカくなった。内外装の質感も良くなった。プラスチッキーではあるけれど、デザイン性と実用性を両立している。
動力性能は、……ちょっとつらい。特に登りなんか相当つらい。だけどそこはルノー、5MTの設定もあるから、心配ならこれにすればいい。ハンドリングは最高。山道の下りなんてめちゃ速い。カッコに似合わず(?)運転するのがホント楽しい。積みたいモノがたくさんあるなら、きっと買うな。

(webCG こんどー)

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像

乗る人みんなを幸せにルノー・カングー ビボップ……234万8000円

寝そべった姿勢で弾丸のように突き進む「コルベットZR1」から、「カングー ビボップ」に乗り替えると、急に善人になった気がした。愛嬌(あいきょう)のあるフロントマスク、爽やかなオープンボディ、ポップな雰囲気のインテリア。このクルマは、人を和やかな気持ちにさせてくれる。

前席だけでなく、後席も左右独立式シートを装着。リアグラスルーフ+リアテールグラスと組み合わされて特別感は抜群。人を幸せにするオーラ(?)が、これほど強いクルマも珍しいと思う。

(webCG 曽宮)

 
第118回:JAIA試乗会、チョイ乗りリポート(その1)の画像
(写真=峰昌宏)
(写真=峰昌宏)

オトコ香る、クルマシトロエンDS3 スポーツシック……269万円

カフェでスマートフォンをWi-Fiに接続し、カップルで見ているサイトは「DS3ウェブストア」。カラーリングのシミュレーションを楽しむだけじゃなく、「じゃあ、これにしようか」と、そのまま注文もできる。
グレードはもちろん6MTの「スポーツシック」。ギアの選択に若干迷いが見られる4ATより、6MTのほうがスムーズな加速ができるし、なによりギアをかき回す動作は男を魅せるチャンスだ。

クルマに乗り込むといい香りが。パルファムエアフレッシュナーの仕業である。恋人以外にもあまたの女性を乗せる貴男には必須のアイテムでもあろう。2カ月ほどで効果が切れるので、まめな補充が必要。1本で約3000円はプレイボーイには気にならないはずだ。
フレンチコンパクトらしい小振りのシートは体格に合わないと嘆くなかれ。女性の髪の毛が残りにくいというメリットも忘れてはならない。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーカブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る