【スペック】T6 AWD R-DESIGN:全長×全幅×全高=4630×1845×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1770kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)/価格=579万円(テスト車=594万1200円/パーキングアシストカメラ・リア=7万5600円/フロントビューカメラ=7万5600円)

ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/DRIVe【試乗記】

考えるボルボ 2011.02.15 試乗記 ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)/DRIVe(FF/6AT)
……594万1200円/390万1200円

スタイリングと安全性能に磨きをかけたという新型「ボルボS60」が日本上陸。その実力を“エコ”と“スポーツ”、ふたつのグレードで確かめた。

アクセル・オンでもぶつからない

「寒いなか、裸のままでかわいそうだよな」とは、『webCG』編集部のKさん。コースの先で、空気で膨らんだビニール製の人形が、北風に吹かれて震えている。

「クルマで跳ね飛ばされるよりいいんじゃないか」と思いながら、新型「ボルボS60」に乗り込む。助手席にはエンジニアの方。
「25km/hくらいで直進してください」
「ブツかる直前に、アクセルから足を離したほうがいいですか?」
「いいえ。踏んだままでお願いします」

思い出すのは、某部品メーカーが開催した体験試乗会である。新開発の衝突防止システムの恩恵で、対象物(このときはクルマ型の風船だった)の手前で停車するはずが、
ボヨヨ〜ン!
みごとに跳ね飛ばした……。

ボルボS60で人形に近づいていく。「衝突!」と思ったまさにその瞬間、ABSが作動して、驚くほどの急制動でクルマが止まった。
「1.5秒後に自動ブレーキが解除されて、通常のクリープが始まるので、ブレーキペダルを踏んでください」と隣から冷静な指示。足を置いたままだったアクセルから右足を移す。

ボルボの新しい安全機能「ヒューマン・セーフティ」を試している。これは、主に歩行者との衝突回避を狙った新装備で、グリル内のデバイスから発せられるレーダーと、ルームミラーのそばに設置されたカメラによって前方を監視。クルマが「危険!」と判断すると、メーターナセルのむこうに置かれたヘッドアップディスプレイを赤く点灯させてドライバーに警告し、場合によっては自動でブレーキをかける。時速35kmまでなら衝突を回避、時速80kmでも衝突スピードを減じ、ダメージを軽減してくれるという。

ヒューマン・セーフティは、どうやって「人間」を見分けているのだろうか?

運転席まわりの様子。写真は最上級グレード「T6 AWD R-DESIGN」のもので、計器やセンターコンソールのパネル、シフトノブなどに専用の意匠が施される。
運転席まわりの様子。写真は最上級グレード「T6 AWD R-DESIGN」のもので、計器やセンターコンソールのパネル、シフトノブなどに専用の意匠が施される。
流麗なサイドビューをもつ新型「ボルボS60」は、空気抵抗の小ささも自慢。燃費を考慮し、ボディ下のフロアパネルもフラットに整えられている。
流麗なサイドビューをもつ新型「ボルボS60」は、空気抵抗の小ささも自慢。燃費を考慮し、ボディ下のフロアパネルもフラットに整えられている。
安全技術「ヒューマン・セーフティ」こと「歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」の実験風景。この新たな機能は、2011年2月から「V70」「S80」「XC60」「XC70」でも選べるようになった。
安全技術「ヒューマン・セーフティ」こと「歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」の実験風景。この新たな機能は、2011年2月から「V70」「S80」「XC60」「XC70」でも選べるようになった。
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2014.3.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る