トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

2011.02.14 自動車ニュース
「マークXジオ 350G」
トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ 新グレードも

トヨタ自動車は2011年2月14日、「マークXジオ」をマイナーチェンジし、発売した。

「マークXジオ エアリアル」
「マークXジオ エアリアル」
「マークXジオ 350G」のインテリア。
「マークXジオ 350G」のインテリア。
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。

今回のマイナーチェンジでは、標準スタイル、スポーティ系の「エアリアル」ともに、フロントグリルやアルミホイールなどの意匠を変更。メッキ加飾を施したリアモールを採用するなど、それぞれの個性を際立たせるスタイルとなった。

インテリアでは、シート表皮が変更されたほか、最上級モデル「350G」に本革巻き+木目調(ブラウン)の4本スポークステアリングホイールを採用。そのほか、本革巻き+木目調(ブラウン/ブラック)シフトノブの装着や、シフトレバーパネル・パワーウィンドウスイッチベースに木目調加飾(ブラウン/ブラック)が施される(一部グレードを除く)など、質感の向上が図られた。

また、「エアリアル 7人乗り」の装備を一部簡略化したグレード「エアリアル“Fパッケージ”」が新設定され、「240“Five Style”」「240G」の装備も一部変更された。

なお、福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施され、助手席リフトアップシート車「Aタイプ」「Bタイプ」の助手席には、SRSサイドエアバッグ、アクティブヘッドレストが標準装備される。

ボディカラーは新色のダークスチールマイカを含む、全6色を用意。
価格は、標準スタイルが「240“Five Style”」(FF車)の247万円から「350G」の340万円まで。スポーティ系は「エアリアル“Fパッケージ”」(FF車)の266万円から「エアリアル 7人乗り」(4WD車)の289万円まで。

(webCG ワタナベ)

「マークXジオ 240G」のシート。
「マークXジオ 240G」のシート。
「マークXジオ 240G」
「マークXジオ 240G」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXジオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る