トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

2011.02.14 自動車ニュース
「マークXジオ 350G」
トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ 新グレードも

トヨタ自動車は2011年2月14日、「マークXジオ」をマイナーチェンジし、発売した。

「マークXジオ エアリアル」
「マークXジオ エアリアル」 拡大
「マークXジオ 350G」のインテリア。
「マークXジオ 350G」のインテリア。 拡大
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。 拡大

今回のマイナーチェンジでは、標準スタイル、スポーティ系の「エアリアル」ともに、フロントグリルやアルミホイールなどの意匠を変更。メッキ加飾を施したリアモールを採用するなど、それぞれの個性を際立たせるスタイルとなった。

インテリアでは、シート表皮が変更されたほか、最上級モデル「350G」に本革巻き+木目調(ブラウン)の4本スポークステアリングホイールを採用。そのほか、本革巻き+木目調(ブラウン/ブラック)シフトノブの装着や、シフトレバーパネル・パワーウィンドウスイッチベースに木目調加飾(ブラウン/ブラック)が施される(一部グレードを除く)など、質感の向上が図られた。

また、「エアリアル 7人乗り」の装備を一部簡略化したグレード「エアリアル“Fパッケージ”」が新設定され、「240“Five Style”」「240G」の装備も一部変更された。

なお、福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施され、助手席リフトアップシート車「Aタイプ」「Bタイプ」の助手席には、SRSサイドエアバッグ、アクティブヘッドレストが標準装備される。

ボディカラーは新色のダークスチールマイカを含む、全6色を用意。
価格は、標準スタイルが「240“Five Style”」(FF車)の247万円から「350G」の340万円まで。スポーティ系は「エアリアル“Fパッケージ”」(FF車)の266万円から「エアリアル 7人乗り」(4WD車)の289万円まで。

(webCG ワタナベ)

「マークXジオ 240G」のシート。
「マークXジオ 240G」のシート。 拡大
「マークXジオ 240G」
「マークXジオ 240G」 拡大

関連キーワード:
マークXジオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
ホームへ戻る