トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

2011.02.14 自動車ニュース
「マークXジオ 350G」
トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ

トヨタ、「マークXジオ」をマイナーチェンジ 新グレードも

トヨタ自動車は2011年2月14日、「マークXジオ」をマイナーチェンジし、発売した。

「マークXジオ エアリアル」
「マークXジオ エアリアル」
「マークXジオ 350G」のインテリア。
「マークXジオ 350G」のインテリア。
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。
「マークXジオ エアリアル」のインテリア。

今回のマイナーチェンジでは、標準スタイル、スポーティ系の「エアリアル」ともに、フロントグリルやアルミホイールなどの意匠を変更。メッキ加飾を施したリアモールを採用するなど、それぞれの個性を際立たせるスタイルとなった。

インテリアでは、シート表皮が変更されたほか、最上級モデル「350G」に本革巻き+木目調(ブラウン)の4本スポークステアリングホイールを採用。そのほか、本革巻き+木目調(ブラウン/ブラック)シフトノブの装着や、シフトレバーパネル・パワーウィンドウスイッチベースに木目調加飾(ブラウン/ブラック)が施される(一部グレードを除く)など、質感の向上が図られた。

また、「エアリアル 7人乗り」の装備を一部簡略化したグレード「エアリアル“Fパッケージ”」が新設定され、「240“Five Style”」「240G」の装備も一部変更された。

なお、福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施され、助手席リフトアップシート車「Aタイプ」「Bタイプ」の助手席には、SRSサイドエアバッグ、アクティブヘッドレストが標準装備される。

ボディカラーは新色のダークスチールマイカを含む、全6色を用意。
価格は、標準スタイルが「240“Five Style”」(FF車)の247万円から「350G」の340万円まで。スポーティ系は「エアリアル“Fパッケージ”」(FF車)の266万円から「エアリアル 7人乗り」(4WD車)の289万円まで。

(webCG ワタナベ)

「マークXジオ 240G」のシート。
「マークXジオ 240G」のシート。
「マークXジオ 240G」
「マークXジオ 240G」

関連キーワード:
マークXジオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」がマイナーチェンジ 2017.12.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月25日、マイナーチェンジしたミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を発表した。2018年1月8日に販売を開始する。価格は335万4480円から750万8160円までとなっている。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化 2018.1.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジ。全グレードでインテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーを選択可能としたほか、インテリアの仕様やボディーカラーのバリエーションも拡充している。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る