クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】ハイブリッド:全長×全幅×全高=4800×1945×1740mm/ホイールベース=2905mm/車重=2380kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(333ps/5500-6500rpm、44.9kgm/3000-5250rpm)+モーター(46ps)/価格=898万円(テスト車=921万1000円/電動パノラマスライディングルーフ=23万1000円)

フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】

燃費以外の進化も大きい 2011.02.14 試乗記 フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)
……694万4000円/921万1000円


新型「トゥアレグ」が日本上陸。大幅な軽量化が施され、ハイブリッドモデルも設定された2代目の実力を、オンロードで試した。

家は3軒、クルマは2代

ちまたでは「家は3軒建てるもの」とよくいわれる。3度建ててようやく満足のいく家ができる、という意味だ。クルマの場合も、ゼロからつくると、それがどんなに高い評価を得たとしても、やり残しや、やり過ぎ(!?)が見つかるわけで、「できれば2代続けて担当したいんですよ」という話を、名車と呼ばれるクルマの開発責任者に聞いたことがある。

「トゥアレグ」も、まさにそんなクルマなのだろう。ポルシェとともにプレミアムスポーツSUVの開発をゼロから始めたフォルクスワーゲンは、後発でありながら、マーケットでのポジションを確立することに成功している。それを支えたのが「スポーツカーにも匹敵するオンロード性能、本格的ラフロード性能、高級サルーンと同等の上質な乗り心地を高次元で融合させた“3 cars in 1”コンセプト」だとフォルクスワーゲンは言うが、これに加えて、フォルクスワーゲンらしい仕立ての良さや、ポルシェのスポーティなイメージも大いにプラスになったのは容易に想像できる。

そんな成功作のイメージを踏襲しながら、さらに上質なつくりと、時代にマッチした環境性能を付加することで完成形を目指したのが、この2代目トゥアレグということになるが、果たしてそのとおりの仕上がりを見せるのか? さっそくチェックするとしよう。

2代目は、インテリアの質感もさらにアップした。写真は、「ハイブリッド」。「V6」ではウッドデコラティブパネルはオプション扱いとなる。
2代目は、インテリアの質感もさらにアップした。写真は、「ハイブリッド」。「V6」ではウッドデコラティブパネルはオプション扱いとなる。
拡大
「ハイブリッド」に標準装備、「V6」ではCDCエアサスペンションとのセットオプションとなる前席8ウェイパワーレザーシート。
「ハイブリッド」に標準装備、「V6」ではCDCエアサスペンションとのセットオプションとなる前席8ウェイパワーレザーシート。
拡大
全車に標準装備されるスライド&リクライニング機能付き分割可倒式リアシート。格納は荷室側面のスイッチからでも操作できる。
全車に標準装備されるスライド&リクライニング機能付き分割可倒式リアシート。格納は荷室側面のスイッチからでも操作できる。 
拡大
「V6」は、「ハイブリッド」より車重が150kg軽い。サスペンションは、コイルスプリングが標準だが、オプションでエアサスも装着できる。
フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)【短評】

軽さがイイ!

新型トゥアレグには、3.6リッターV6を積む「トゥアレグV6」と、フォルクスワーゲン初のハイブリッド車となる「トゥアレグハイブリッド」の2モデルが用意される。まずは売れ筋のV6に試乗した。

フロントマスクこそ、最新のフォルクスワーゲン顔に一新されたが、シルエットだけでそれとわかる新型トゥアレグのエクステリア。一方、インテリアは、旧型の雰囲気を残しながらも、よりいっそう質感が高まり、フォルクスワーゲンのフラッグシップモデルにふさわしい上質さが、とても印象的だ。

写真は、「V6」に標準装備となるラゲージマネジメントシステム。なお、床下にバッテリーシステムが備わる「ハイブリッド」には、同システムは付かない。
画像をクリックすると「ハイブリッド」のシートアレンジが見られます。
フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)【短評】

居心地の良い運転席に浸る間もなくクルマを発進させると、すぐに旧型との違いを思い知らされた。出足からクルマの動きが軽快なのだ。走り出すと軽快感はさらに高まり、それでいて重厚かつ快適な乗り心地を示すあたりに、新型の進化を強く感じた。搭載されるV6エンジンは、最高出力280ps、最大トルク36.7kgmとスペックは旧型と同じだが、車両全体で70kgの軽量化が、軽快な動きや快適な乗り心地に効いているのは間違いない。試乗車にはオプションのエアサスペンションが装着されていたが、別の機会に試乗したノーマルサスペンションでも快適さに不満はなかった。

動力性能は、ボディが軽くなったことに加え、8速ATが組み合わされたおかげで、3.6リッターでも十分に速い。そのうえ、キャビンに侵入するノイズも低く抑えられるから、満足度は格段に高まった。アイドリングストップは再スタートのタイムラグが小さく、煩わしさとは無縁。あらゆる面で洗練さを増した2代目なのである。

【スペック】V6:全長×全幅×全高=4800×1945×1740mm/ホイールベース=2905mm/車重=2200kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、36.7kgm/2900-4000rpm)/価格=623万円(テスト車=694万4000円/レザーシートパッケージ=39万9000円/CDCエアサスペンション=31万5000円)
フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)【短評】

ハイブリッドはパワフルだけど……

トゥアレグハイブリッドは新型の目玉というべきモデルだ。ノーズに収まるスーパーチャージャー付き3リッターV6は、アウディ「S4」や「S5カブリオレ」に搭載されるもので、これだけでもV8並みの性能を誇るのだから、さらにモーターでアシストされるとなると、さぞやその加速は凄いに違いない。

軽くアクセルを踏んで発進すると、トゥアレグハイブリッドはモーターの力だけでスルスルとスピードを上げていった。このスムーズさ、静かさはまさに感動モノだ。ある程度スピードに乗ると、主役はエンジンにバトンタッチ。低回転から太いトルクを発生する3.0 TSIは2340kgのヘビー級ボディをものともせず、スイスイと加速する。アクセルペダルを踏み込めば、V6をさらに上回る力強さが頼もしい。

巡航に入ってアクセルペダルに載せた右足を離すと、エンジンはギアボックスから切り離され、回転計の針はすとんとゼロに落ちて、惰力走行を始める。当然、このときのガソリン消費量はゼロで、エンジンブレーキでスピードが落ちることもない。これは燃費に効きそうだ。ふたたび加速しようと、右足に力を入れれば、すぐさまエンジンが再スタートするが、そのときのショックやタイムラグをドライバーが意識することはない。

そういう意味では非常に洗練されたシステムだと思う反面、物足りなさを覚えることも。通常の走行時にはアクセルペダルをほぼ全開にしないかぎり、モーターはエンジンをアシストすることがない。つまり、モーターの役目は発進時に燃費を稼ぐことと、走行時、または制動時にこれまで捨てられていたエネルギーを回収することなのだ。もちろん、そのおかげで13.8km/リッターの燃費(10・15モード)を実現するわけだが、もう少し積極的にモーターアシストを行ってほしいと思った。その代わりに、さらにコンパクトなエンジンを搭載するとか、いっそのこと、4気筒でトゥアレグを走らせるといったサプライズがあってもよかったのではないか? "2台目"のハイブリッドには、ぜひこのあたりを期待したい。

V6に比べて150kgも重いだけに、V6ほどの軽快感はなく、乗り心地が多少スポイルされるのも気になるところ。それでも十分な快適さを示すトゥアレグハイブリッドは、懐に余裕があり、社会への責任感の強い人に選んでほしいモデルだ。ちなみに私なら、安くてより快適なV6を選ぶだろうな。

(文=生方聡/写真=小林俊樹)

搭載するハイブリッドシステムは、パラレルハイブリッド式。モーターのみで走れる「EVモード」を備え、時速50km/h以下で最大2km走行できる。
搭載するハイブリッドシステムは、パラレルハイブリッド式。モーターのみで走れる「EVモード」を備え、時速50km/h以下で最大2km走行できる。
拡大
メーター内のフルカラーマルチファンクションインジケーターは、ナビゲーション、オーディオ、車両状況などを表示させることができる。
メーター内のフルカラーマルチファンクションインジケーターは、ナビゲーション、オーディオ、車両状況などを表示させることができる。
拡大
「ハイブリッド」の10・15モード燃費は、13.8km/リッター。「V6」は 9.5km/リッター。
「ハイブリッド」の10・15モード燃費は、13.8km/リッター。「V6」は 9.5km/リッター。  
拡大
フォルクスワーゲン・トゥアレグV6(4WD/8AT)/ハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
トゥアレグフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事