第180回:反硬派系・古典車ファンの夢? 後付けパワーステアリング

2011.02.12 エッセイ

第180回:反硬派系・古典車ファンの夢? 後付けパワーステアリング

涙なみだの「ノン・パワステ」

「パワステ付き」という表現は、今や死語であろう。
しかしボクが免許をとった1980年代中盤、パワーステアリング付きは自動車教習所の宣伝文句のひとつだった。
実際ボクの通っていた教習所もそれを売りにしていた。具体的にはパワステ付きのトヨタ初代「クレスタ」だった。山崎努がCMに出演していたやつである。
しかし、それに慣らされてしまったのがいけなかった。最初の自分のクルマとなった親のお古、1981年式「アウディ80」は、ボディカラーこそ美しい赤だったが、パワーステアリングが装備されていない「LE」という標準仕様だった。そのうえ、後輪駆動のクレスタと違って、アウディは前輪駆動だ。ステアリング操作するときの重さが、本当に泣けた。

もしデラックス仕様のATでパワーステアリング付きの「GLE」(たしか約80万円高だったと思う)だったら、こんなつらい思いをしなくてよかったのに、と親を恨んだものだ。

後年、ステアリングがやたら軽い「ビュイック」を2台も乗り継いでしまったのは、アウディ時代の反動かもしれない。
いっぽうで、そういうステアリングの重いアウディで、クルマとのなれ初めを果たしたおかげで、無駄な据え切りをせずにタイヤをいたわる習慣がついた。また、仕事を始めてからどんなにかじが重いモデルに乗っても、「あのアウディと比べれば」と思えば耐えられたのだから、目に見えぬ財産と思うことにしている。

ニョキニョキ生えるステアリングを取り囲む人々。2011年2月パリ「レトロモビル」で。
ニョキニョキ生えるステアリングを取り囲む人々。2011年2月パリ「レトロモビル」で。
かたわらには「ジャガーXK150」が。
かたわらには「ジャガーXK150」が。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。