シトロエン、「C4ピカソ」をマイナーチェンジ

2011.02.10 自動車ニュース

シトロエン、「C4ピカソ」をマイナーチェンジ

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年2月10日、シトロエンのMPV「C4 ピカソ」をマイナーチェンジし、発売した。

既報のとおり、マイナーチェンジを受けた「C4ピカソ」が日本導入となった。
今回は、デビュー以来初めてフェイスリフトが実施された。フロントバンパーのデザインが大幅に変わったほか、フォグランプの上には7個のLEDを配したポジションランプを設置。ウインカーレンズの色はオレンジからクリアに変更された。バイキセノンディレクショナルヘッドライトやヘッドライトウォッシャーも標準装備となった。
「ダブルシェブロン」のデザインや「C4」のロゴが新しくなったのもニュースだ。

インテリアでは、ファブリックとダイナミカ(スウェード風素材)、テップレザー(人口皮革)の3種類の素材を組み合わせたコンビネーションシート生地を採用し、質感の向上が図られた。

搭載される1.6リッターターボエンジンは、ヨーロッパ排ガス規制「Euro5」をクリアし、最高出力は156psと6psアップ。2ペダル式MT「EGS(エレクトロニックギアボックスシステム)」の変速比変更によって、燃費も向上したという。

ボディカラーは、新色のブラン パンキーズ(ホワイト)を加えた全7色で展開される。価格は据え置きで、349万円。

(webCG ワタナベ)

「C4ピカソ」(写真は欧州仕様車)
「C4ピカソ」(写真は欧州仕様車)

シトロエン、「C4ピカソ」をマイナーチェンジの画像

シトロエン、「C4ピカソ」をマイナーチェンジの画像

シトロエン、「C4ピカソ」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
C4ピカソシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る