クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4670×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボ(530ps/6400rpm、62.5kgm/3200-6000rpm)/価格=1500万300円(テスト車=1673万2800円/アルティメイトオパールホワイト=52万5000円/BOSEプレシジョンサウンドシステム=120万7500円)

日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】

スーパーカーの正しいあり方 2011.02.10 試乗記 日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)
……1673万2800円
ただの“おしゃれゴージャス仕様”ではなかった! 「日産GT-R」のテーラーメイド仕様、エゴイストに試乗した。

ここをそんなに凝るなんて

2年ほど前、重要無形文化財(いわゆる人間国宝)に指定された輪島塗のエキスパートにお話をうかがったことがある。金粉や銀粉で描かれた絵の美しさもさることながら、何より驚いたのは漆を塗る工程の複雑さだ。
まずは気が遠くなるほどの時間をかけて下地(木地と呼ぶらしい)を整え、そこから漆を塗る作業に入る。漆を塗っては乾かし、乾かしては研ぎ、研いでは塗り、といった作業を繰り返す。輪島には下塗り専門の職人さんもいれば、上塗りの達人もいる。だから漆器は、完成までにさまざまな工房を渡り歩くことになる。場合によっては数カ月もかけて上塗りまで終えたところで、ようやく絵や紋様を描く加飾の過程に入る。

作り手こそ違うけれど、眼前のステアリングホイール中央でぬめっと輝く「GT-R」ロゴは同じような工程を経ている。GT-Rのテーラーメイド仕様「エゴイスト」のステアリングエンブレムは、輪島蒔絵なのだ。「凝ったことするなぁ」というのが第一印象。そして、「はたしてこのこだわりがユーザーに正しく伝わるのか?」というのが第二印象。輪島塗の現場を見ていなかったら、自分にはこのエンブレムの凄さが実感できなかったかもしれない。

いかにも柔らかそうな本革シートは、ドイツの工房で革を縫い込んで日本に送り返したもの。掌のひらでなでてみると、そのキメの細かさに驚く。腰掛けると、腰から背中にかけてがふんわりと包まれた。目と手のひらと腰で味わうシートだ。

スターターボタンをプッシュしてエンジンスタート、サイドブレーキを下ろして駐車場を出る。この時点ではまだ、「GT-Rの内装ゴージャス仕様だろう」ぐらいに思っていたのだけれど……。

内装のカラーは、合計20種類のコーディネイトから選ぶ。シートをはじめとする内装のベース部品をドイツの職人集団「シートン ミュルハイムA.D.ルール」に送り、手作業で革を縫い、貼り付ける。そして再び、日本に送り返されるという。専用の本革クリーナーとクロスを標準装備するという徹底ぶり。
内装のカラーは、合計20種類のコーディネイトから選ぶ。シートをはじめとする内装のベース部品をドイツの職人集団「シートン ミュルハイムA.D.ルール」に送り、手作業で革を縫い、貼り付ける。そして再び、日本に送り返されるという。専用の本革クリーナーとクロスを標準装備するという徹底ぶり。 拡大
ダブルとシングルのステッチを格子状に組み合わせたキルティングデザインのシート。
ダブルとシングルのステッチを格子状に組み合わせたキルティングデザインのシート。 拡大
光の加減で薄いピンク色に見えたり、淡い水色がかって見える複雑なボディカラーは、アルティメイトオパールホワイトというエゴイスト専用の特別塗装色。ちなみに、この色のオプション価格は52万5000円。栃木工場で、1台ずつ手作業で磨き込まれるという。
光の加減で薄いピンク色に見えたり、淡い水色がかって見える複雑なボディカラーは、アルティメイトオパールホワイトというエゴイスト専用の特別塗装色。ちなみに、この色のオプション価格は52万5000円。栃木工場で、1台ずつ手作業で磨き込まれるという。 拡大
注目の記事PR
  • こんなクルマとなら毎日が愉しい! 「アバルト124スパイダー」の“日常性”をリポートする。
    こんなクルマとなら毎日が愉しい! 「アバルト124スパイダー」の“日常性”をリポートする。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

ただのゴージャス仕様にあらず

走り出してすぐに、「GT-Rってこんなに大人っぽかったっけ?」と思う。悪い路面が連続する時に感じるザラザラ、ゴロゴロした感触、大きな凸凹を乗り越えた時のドシン、バタンといったショックなどが、きれいに取り除かれている。単純に乗り心地がやわらかくなったというのとも違って、クルマ全体の透明度がワンランク上がったように感じる。

ただ乗り心地がよくなっただけではない証拠に、コーナリング時のシャープさはいささかも失われていない。オン・ザ・レールの安心感と日本刀の切れ味を併せ持つ、“GT-R味”はこの「エゴイスト」でも健在だ。
昨年の大がかりなマイナーチェンジによって「日産GT-R」はフロントのキャスター角、ショックアブソーバー、スタビライザー、タイヤの内部構造などに手が入っているけれど、「エゴイスト」はさらに専用のサスペンションセッティングとなっている。

なめらかプリンのような感触は速度を上げるほどに増す。高速域では路面の変化にサスペンションがきっちり追従、4本のタイヤが常に正しい姿勢で地面と接している感触が伝わってくる。タイヤがばたばたする印象が一掃されたのは、「GT-R Spec V」と同じ軽量の鍛造アルミホイール(ただしカラーはエゴイスト専用)を履くことでバネ下重量が軽くなったという理由もあるだろう。

アルミ鍛造ホイールのデザインは「Spec V」と共通。ただし、微妙な色を重ねて青味を感じさせる色はエゴイスト専用。
アルミ鍛造ホイールのデザインは「Spec V」と共通。ただし、微妙な色を重ねて青味を感じさせる色はエゴイスト専用。 拡大

日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
カーボン製リアスポイラーは、「Spec V」と共通。LEDのハイマウントストップランプが備わる。また、チタン製のエグゾーストシステムも「Spec V」と共通。
カーボン製リアスポイラーは、「Spec V」と共通。LEDのハイマウントストップランプが備わる。また、チタン製のエグゾーストシステムも「Spec V」と共通。 拡大

これがホントの「GT-R」!?

マフラーが「Spec V」と同じチタン製になっているほかは、パワートレインや吸排気系は他の仕様から変更はない。アクセルペダルを「ドン!」と踏み込んだ時の、離陸直前の飛行機みたいな無敵のパワー感にも変わりはないけれど、変速の滑らかさは3年前のデビュー時から大きく向上している。
あるいは、瀟洒(しょうしゃ)なインテリアに囲まれて足まわりの洗練されたフィーリングを味わうことで、エンジンやトランスミッションの感触まで澄んだものに感じている可能性もある。

もしそうだとしたら、演出がうまくいったということだ。日本の高級車やスポーツカーが不得手だった「演出」「雰囲気作り」という領域に踏み込んだのだ。「演出」をバカにする人もいるかもしれない。でも、おいしいワインには上質なグラスが必要だし、素晴らしい料理には素敵なレストランが必要。同じように、スーパーカーにもふさわしい器が必要だ。

そんなことを考えながらオーディオにCDをセットして驚いた。ボーカリストの姿が鮮明に立ち上がり、どれだけ音量を上げても音の粒がゆがみも潰れもしない。このBOSEプレシジョンサウンドシステムは、オプションで120万7500円なり。

蒔絵のエンブレムからオーディオシステムまで妥協なし。3年前に「日産GT-R」が登場した時、このパフォーマンスでこの価格なら安いと思ったけれど、作り手としてはここまで妥協せずに作り込みたかったのだろう。そういう意味では、これがホントの「GT-R」かもしれない。

「エゴイスト」という車名は、ユーザーのわがままを受け入れるという意味だと聞いた。けれども自分としては、「こういうクルマを作りたい」という作り手のエゴだと思えてならない。
で、スーパーカーにはこうした「わかる人だけに伝わればいい」というゴーマンな部分があっていいというか、あるべきだと思う。だから蒔絵の凝り具合がユーザーに伝わるかどうかとか、ノーマルと比べて約700万も高いけど大丈夫かなんて、心配する必要はないのだ。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)


日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
エゴイスト専用の「BOSEプレシジョンサウンドシステム」は、カーボンコンポジットベースで支えられた専用のウーハーを装着。注文時に、ユーザーの体型やシート位置に合わせてオーディオをセッティングする。
エゴイスト専用の「BOSEプレシジョンサウンドシステム」は、カーボンコンポジットベースで支えられた専用のウーハーを装着。注文時に、ユーザーの体型やシート位置に合わせてオーディオをセッティングする。 拡大
日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大
日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
GT-R日産試乗記

あなたにおすすめの記事