【スペック】全長×全幅×全高=4670×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1740kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボ(530ps/6400rpm、62.5kgm/3200-6000rpm)/価格=1500万300円(テスト車=1673万2800円/アルティメイトオパールホワイト=52万5000円/BOSEプレシジョンサウンドシステム=120万7500円)

日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)【試乗記】

スーパーカーの正しいあり方 2011.02.10 試乗記 日産GT-Rエゴイスト(4WD/6AT)
……1673万2800円
ただの“おしゃれゴージャス仕様”ではなかった! 「日産GT-R」のテーラーメイド仕様、エゴイストに試乗した。

ここをそんなに凝るなんて

2年ほど前、重要無形文化財(いわゆる人間国宝)に指定された輪島塗のエキスパートにお話をうかがったことがある。金粉や銀粉で描かれた絵の美しさもさることながら、何より驚いたのは漆を塗る工程の複雑さだ。
まずは気が遠くなるほどの時間をかけて下地(木地と呼ぶらしい)を整え、そこから漆を塗る作業に入る。漆を塗っては乾かし、乾かしては研ぎ、研いでは塗り、といった作業を繰り返す。輪島には下塗り専門の職人さんもいれば、上塗りの達人もいる。だから漆器は、完成までにさまざまな工房を渡り歩くことになる。場合によっては数カ月もかけて上塗りまで終えたところで、ようやく絵や紋様を描く加飾の過程に入る。

作り手こそ違うけれど、眼前のステアリングホイール中央でぬめっと輝く「GT-R」ロゴは同じような工程を経ている。GT-Rのテーラーメイド仕様「エゴイスト」のステアリングエンブレムは、輪島蒔絵なのだ。「凝ったことするなぁ」というのが第一印象。そして、「はたしてこのこだわりがユーザーに正しく伝わるのか?」というのが第二印象。輪島塗の現場を見ていなかったら、自分にはこのエンブレムの凄さが実感できなかったかもしれない。

いかにも柔らかそうな本革シートは、ドイツの工房で革を縫い込んで日本に送り返したもの。掌のひらでなでてみると、そのキメの細かさに驚く。腰掛けると、腰から背中にかけてがふんわりと包まれた。目と手のひらと腰で味わうシートだ。

スターターボタンをプッシュしてエンジンスタート、サイドブレーキを下ろして駐車場を出る。この時点ではまだ、「GT-Rの内装ゴージャス仕様だろう」ぐらいに思っていたのだけれど……。

内装のカラーは、合計20種類のコーディネイトから選ぶ。シートをはじめとする内装のベース部品をドイツの職人集団「シートン ミュルハイムA.D.ルール」に送り、手作業で革を縫い、貼り付ける。そして再び、日本に送り返されるという。専用の本革クリーナーとクロスを標準装備するという徹底ぶり。
内装のカラーは、合計20種類のコーディネイトから選ぶ。シートをはじめとする内装のベース部品をドイツの職人集団「シートン ミュルハイムA.D.ルール」に送り、手作業で革を縫い、貼り付ける。そして再び、日本に送り返されるという。専用の本革クリーナーとクロスを標準装備するという徹底ぶり。
ダブルとシングルのステッチを格子状に組み合わせたキルティングデザインのシート。
ダブルとシングルのステッチを格子状に組み合わせたキルティングデザインのシート。
光の加減で薄いピンク色に見えたり、淡い水色がかって見える複雑なボディカラーは、アルティメイトオパールホワイトというエゴイスト専用の特別塗装色。ちなみに、この色のオプション価格は52万5000円。栃木工場で、1台ずつ手作業で磨き込まれるという。
光の加減で薄いピンク色に見えたり、淡い水色がかって見える複雑なボディカラーは、アルティメイトオパールホワイトというエゴイスト専用の特別塗装色。ちなみに、この色のオプション価格は52万5000円。栃木工場で、1台ずつ手作業で磨き込まれるという。
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る