「CLクラス」に専用オーディオをオプション設定

2011.02.09 自動車ニュース

メルセデス・ベンツCLに、高級オーディオのオプション追加

「メルセデス・ベンツCL」に、高級オーディオシステムをオプション設定

メルセデス・ベンツ日本は2011年2月8日、ラクシャリークーペ「CLクラス」に高級カーオーディオシステム「CL Sound Suite(シーエル・サウンド・スウィート)」をオプション設定した。


メルセデス・ベンツCLに、高級オーディオのオプション追加

「CL Sound Suite」は、高級カーオーディオの専門メーカー「ソニックデザイン」が手がけたCLクラス専用のサウンドシステムだ。以前も特別仕様車に採用された実績があり、今回はオプション装備として設定された。

「CLクラス」の車室内空間専用に設計されたこのシステムには、純正オーディオのアナログ音声出力を最小限の劣化で高精度に取り出すソニックデザインの独自技術「SonoRevive(ソノリバイブ)」を採用。最良の音質と理想の音響特性を求めたという。
特別仕様のデジタルプロセッサーアンプをはじめ、音楽の主要帯域を左右1組のドアユニットで再生するスーパーフルレンジ思想のアルミダイキャスト製エンクロージュア一体型スピーカーモジュール「The Suite Unison-Array(ザ・スウィート・ユニゾンアレー)」を装着。リアトレイと一体化した省スペース設計の高性能サブウーファーシステム「The Suite Super-Bass(ザ・スウィート・スーパーバス)」も搭載される。
また、車両後退時や乗車人員、乗車位置、ドアの開閉などに連動して音量や音場、音質を自動で調整する、カーオートメーション機能も備えている。

「CL Sound Suite」のオプション価格は390万円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
ホームへ戻る