ジープ・ラングラー、2011年モデルは装備充実

2011.02.08 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」、2011年モデルは装備充実

クライスラー日本は2011年2月7日、「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」の2011年モデルを発表した。2月19日に販売を開始する。

2011年モデルの「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」は、インテリアを中心に装備の充実が図られる。
全モデルで、インストゥルメントパネル、センターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが変更され、助手席側のアシストハンドルには「Jeep SINCE 1941」のロゴが添えられる。クロームアクセント付きの革巻きシフトノブ、オーディオコントロールスイッチ付きのステアリングホイールもポイントだ。

さらに、エコロジーな運転の目安となるグリーンバンドの入ったタコメーターや、格納式ヒーテッドパワードアミラー、ヒルディセントコントロールなどの機能装備も追加される。

新色のボディカラー(ディープチェリーレッド クリスタル/デトネイターイエロー/マンゴタンゴ/コスモブルー/ブライトホワイト)も見どころのひとつだ。

また、2ドア仕様「ジープ・ラングラー」の2011年モデルは、装備充実の上級グレード「サハラ」に代えて、よりシンプルなエントリーグレード「スポーツ」が導入されるが、着脱式ハードトップ(フリーダムトップ3ピースモジュラーハードトップ)や17インチアルミホイール、クルーズコントロールなどの装備は、あらかじめ与えられる。
4ドア仕様の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」についても、エントリーグレードの「スポーツ」に着脱式ハードトップやアルミホイールなどが、上級グレード「サハラ」にはボディ同色のハードトップやオートエアコンが標準となる。

価格は、以下のとおり。
・ジープ・ラングラー スポーツ:338万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ:368万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ:398万円

(webCG 関)

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る