ジープ・ラングラー、2011年モデルは装備充実

2011.02.08 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」、2011年モデルは装備充実

クライスラー日本は2011年2月7日、「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」の2011年モデルを発表した。2月19日に販売を開始する。

2011年モデルの「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」は、インテリアを中心に装備の充実が図られる。
全モデルで、インストゥルメントパネル、センターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが変更され、助手席側のアシストハンドルには「Jeep SINCE 1941」のロゴが添えられる。クロームアクセント付きの革巻きシフトノブ、オーディオコントロールスイッチ付きのステアリングホイールもポイントだ。

さらに、エコロジーな運転の目安となるグリーンバンドの入ったタコメーターや、格納式ヒーテッドパワードアミラー、ヒルディセントコントロールなどの機能装備も追加される。

新色のボディカラー(ディープチェリーレッド クリスタル/デトネイターイエロー/マンゴタンゴ/コスモブルー/ブライトホワイト)も見どころのひとつだ。

また、2ドア仕様「ジープ・ラングラー」の2011年モデルは、装備充実の上級グレード「サハラ」に代えて、よりシンプルなエントリーグレード「スポーツ」が導入されるが、着脱式ハードトップ(フリーダムトップ3ピースモジュラーハードトップ)や17インチアルミホイール、クルーズコントロールなどの装備は、あらかじめ与えられる。
4ドア仕様の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」についても、エントリーグレードの「スポーツ」に着脱式ハードトップやアルミホイールなどが、上級グレード「サハラ」にはボディ同色のハードトップやオートエアコンが標準となる。

価格は、以下のとおり。
・ジープ・ラングラー スポーツ:338万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ:368万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ:398万円

(webCG 関)

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.3.1 試乗記 マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • ニューヨークショー2018(ボルボ) 2018.4.6 画像・写真 2018年のニューヨークモーターショーで、ボルボはコンパクトSUV「XC40」の新たな最上級グレード「インスクリプション」や、ミドルサイズワゴンの「V60」などを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る