ジープ・ラングラー、2011年モデルは装備充実

2011.02.08 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー」、2011年モデルは装備充実

クライスラー日本は2011年2月7日、「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」の2011年モデルを発表した。2月19日に販売を開始する。

2011年モデルの「ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド」は、インテリアを中心に装備の充実が図られる。
全モデルで、インストゥルメントパネル、センターコンソール、ドアトリムパネルのデザインが変更され、助手席側のアシストハンドルには「Jeep SINCE 1941」のロゴが添えられる。クロームアクセント付きの革巻きシフトノブ、オーディオコントロールスイッチ付きのステアリングホイールもポイントだ。

さらに、エコロジーな運転の目安となるグリーンバンドの入ったタコメーターや、格納式ヒーテッドパワードアミラー、ヒルディセントコントロールなどの機能装備も追加される。

新色のボディカラー(ディープチェリーレッド クリスタル/デトネイターイエロー/マンゴタンゴ/コスモブルー/ブライトホワイト)も見どころのひとつだ。

また、2ドア仕様「ジープ・ラングラー」の2011年モデルは、装備充実の上級グレード「サハラ」に代えて、よりシンプルなエントリーグレード「スポーツ」が導入されるが、着脱式ハードトップ(フリーダムトップ3ピースモジュラーハードトップ)や17インチアルミホイール、クルーズコントロールなどの装備は、あらかじめ与えられる。
4ドア仕様の「ジープ・ラングラー アンリミテッド」についても、エントリーグレードの「スポーツ」に着脱式ハードトップやアルミホイールなどが、上級グレード「サハラ」にはボディ同色のハードトップやオートエアコンが標準となる。

価格は、以下のとおり。
・ジープ・ラングラー スポーツ:338万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ:368万円
・ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ:398万円

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る