【スペック】全長×全幅×全高=4894×1894×1365mm/ホイールベース=2855mm/車重=1940kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500-6400rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)(欧州仕様車)

BMW650iカブリオレ(FR/8AT)【海外試乗記】

ゾクゾクするほどカッコいい 2011.02.08 試乗記 BMW650iカブリオレ(FR/8AT)

BMWの4座クーペ/カブリオレモデル「6シリーズ」がフルチェンジ。日本導入も近いという「カブリオレ」にいち早く試乗した。

外も内もリッチ

新型「BMW6シリーズ」は、意外にもクーペより先にカブリオレからの登場と相成った。国際試乗会の開催地は南アフリカはケープタウン。かの地の真冬は、まさにカブリオレの季節だ。

それにしても、どうだこのスタイリング。先代もクリス・バングル節全開のアバンギャルドな格好が堂々たる存在感を示していたが、新型はディテールに関してはもう少しオーソドックスで、より広く好まれそうでありつつ、しかしゾクゾクするほどのカッコ良さに仕上がっている。

最初、言葉を失うほどだった先代との対比から、ついオーソドックスなんて言葉を使ったが、だからといってフツウになってしまったなんてことはない。全長が74mm、全幅が39mm拡大される一方、全高を9mm下げたスリーサイズは4894mm×1894mm×1365mmとさらに伸びやかに。丸目4灯のヘッドランプ、キドニーグリル、L字型のテールランプといったBMWのアイデンティティを感じさせるディテールも、造形はそれぞれ精緻で、細かいところまで凝りに凝っている。こうした細部の輝きが、全体の印象をリッチで周囲を圧倒するものにしているのだろう。

インテリアも実にぜいたくな雰囲気だ。試乗車のそれはダッシュボード含めオールレザー張り。コントラストステッチも華やかさをプラスしている。特徴的な部分といえば、iDriveのモニター部分だろう。これまではインテリアの中でそれほど主張しないように配置されていたのが一転、その存在をアピールするかのようだ。これはユーザーの年齢層の高さが大画面を求めたという、機能面からの要求でもあるそうだ。

ソフトトップは19秒でオープン、24秒でクローズする。40km/h以下での走行中であれば、いずれの動作も可能となる。
ソフトトップは19秒でオープン、24秒でクローズする。40km/h以下での走行中であれば、いずれの動作も可能となる。
 
BMW650iカブリオレ(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
 
BMW650iカブリオレ(FR/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。