「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売

2011.02.07 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2011年モデルはよりオフロードを意識

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2011年モデルを、2011年2月19日に発売する。

2011年モデルの「ジープ・パトリオット」は、これまでどおりエントリーグレードの「スポーツ」と上級グレード「リミテッド」の2種類でラインナップ。内外装のデザインや一部装備が変更された。

エクステリアは、メッシュアクセント付きボディ同色フロントグリル、ブラックアクセント付きボディ同色フロント/リアバンパーやブラックのボディサイドクラディング、新デザインの17インチアルミホイールの採用により、よりオフロードを意識したデザインに仕上げられた。

インテリアでは、本革巻きステアリングの形状を一新。オートエアコンディショナーが標準装備されるほか、ドアトリムはソフトタッチ素材に変更された。

さらに「スポーツ」では、マルチファンクション機能付き本革巻きステアリングホイールとクルーズコントロールが標準装備され、プレミアムファブリックシートの素材が見直された。「リミテッド」には、クロームアクセント付きリアバンパーやクロームマフラーカッターが与えられた。

ボディカラーは、3つの新色(ブラックベリー パールコート/ディープチェリーレッド クリスタル パールコート/ブライトホワイト クリアコート)が追加され、全5色が用意される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内は2010年モデルとの差額)

・ジープ・パトリオット スポーツ:278万円(−13万9000円)
・ジープ・パトリオット リミテッド:318万円(−13万8000円)
・ジープ・パトリオット リミテッド(パワーガラスサンルーフ付き):328万円(−14万3000円)

(webCG ワタナベ)

「シープ・パトリオット リミテッド」
「シープ・パトリオット リミテッド」

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る