「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売

2011.02.07 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」2011年モデルはよりオフロードを意識

クライスラー日本は、ジープブランドのコンパクトSUV「ジープ・パトリオット」の2011年モデルを、2011年2月19日に発売する。

2011年モデルの「ジープ・パトリオット」は、これまでどおりエントリーグレードの「スポーツ」と上級グレード「リミテッド」の2種類でラインナップ。内外装のデザインや一部装備が変更された。

エクステリアは、メッシュアクセント付きボディ同色フロントグリル、ブラックアクセント付きボディ同色フロント/リアバンパーやブラックのボディサイドクラディング、新デザインの17インチアルミホイールの採用により、よりオフロードを意識したデザインに仕上げられた。

インテリアでは、本革巻きステアリングの形状を一新。オートエアコンディショナーが標準装備されるほか、ドアトリムはソフトタッチ素材に変更された。

さらに「スポーツ」では、マルチファンクション機能付き本革巻きステアリングホイールとクルーズコントロールが標準装備され、プレミアムファブリックシートの素材が見直された。「リミテッド」には、クロームアクセント付きリアバンパーやクロームマフラーカッターが与えられた。

ボディカラーは、3つの新色(ブラックベリー パールコート/ディープチェリーレッド クリスタル パールコート/ブライトホワイト クリアコート)が追加され、全5色が用意される。

価格は、以下のとおり。(カッコ内は2010年モデルとの差額)

・ジープ・パトリオット スポーツ:278万円(−13万9000円)
・ジープ・パトリオット リミテッド:318万円(−13万8000円)
・ジープ・パトリオット リミテッド(パワーガラスサンルーフ付き):328万円(−14万3000円)

(webCG ワタナベ)

「シープ・パトリオット リミテッド」
「シープ・パトリオット リミテッド」 拡大

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像 拡大

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像 拡大

「ジープ・パトリオット」2011年モデル発売の画像 拡大

関連キーワード:
パトリオットジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る