第179回:iPadはコンパニオンとの距離を縮める!?

2011.02.05 エッセイ

第179回:iPadはコンパニオンとの距離を縮める!?

ヘンな虫よ、さようなら

おかげさまで、ボクもいくつかの電子書籍端末対応の電子雑誌からコラムの依頼を頂くようになった。ということで、今回はこちらのタブレット端末に関するあれこれをつづりたい。

イタリアやフランスの自動車雑誌は、意外にもタブレット型端末への対応が早かった。すでにイタリアの月刊『クアトロルオーテ』やフランスの週刊『オトプリュ』は、昨年からiPad用に電子書籍を発行している。
クアトロルオーテは紙版5ユーロに対して電子版は3.99ユーロだ。出版元のドムス出版は、自動車関係の単行本まで電子版を一緒に刊行するようになっている。
オトプリュは紙版1.9ユーロに対して、iPhone/iPod Touchにも対応している要約電子版は無料に設定している。オトプリュは2010年パリモーターショー開催中、主催者とタイアップで公式ガイドも配信した。

各国の自動車雑誌がリアルタイムに手に入る時代がやってきた。東京時代に洋書屋さんで高価かつ月遅れの号を買っていたのからすると、夢のようである。DVDのようなリージョナルコードに悩まされることもない。

わが家にとっても朗報だ。長年買い集めた各国の雑誌による重さで本棚の横板がグニャリと曲がり、危険になってきたのを契機に、切り抜き&処分を敢行することにした。ところが紙を食うヘンな虫がページとページの間から出現するたび、ボクが悲鳴をあげる事態となった。電子版の時代到来で、こんな恐怖ともさよならである。

フォルクスワーゲンのシミュレーションゲームを、用意されたiPadで楽しむ来場者たち。2010年12月、ボローニャモーターショーで。
第179回:iPadはコンパニオンとの距離を縮める!?
「ランチア・デルタ」の脇にいたコンパニオン。2010年ボローニャショー。
第179回:iPadはコンパニオンとの距離を縮める!?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。