ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

2011.02.04 自動車ニュース
「ボルボV70」
ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V70」「S80」「XC60」「XC70」の仕様・装備を見直し、2011年2月11日に発売する。

こちらはSUVタイプの「XC60」。
ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

ワゴン「V70」には、新開発の1.6リッター直4ターボエンジンが搭載され、新たに「V70 DRIVe」の名でラインナップに加えられる。10・15モードの燃費値は12.2km/リッター。エコカー減税の対象にもなる。
さらに、「V70」とセダンの「S80」では、231ps、34.6kgmを発生する従来の2.5リッター直5ターボモデルに代えて、240ps、32.6kgmの2リッター直4ターボモデルが導入される(V70 T5 SE/S80 T5 SE)。こちらも、14%向上した10.8km/リッター(10・15モード値)の燃費が自慢だ。

また、今回の仕様変更では、新型セダン「S60」で話題となった安全機能「ヒューマン・セーフティ」(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)が選べるようになる。
これは、レーザーセンサーとカメラを併用、ヒトをヒトとして認識しつつ、障害物との相対速度が35km/h未満の場合は自動でフルブレーキをかけるなどして追突を未然に回避。それ以上でも衝突時のダメージを軽減できるというもの。

以下、価格表のなかで●印のモデルに標準装備。○印のものにはオプションで用意される。

○「V70 DRIVe」:449万円
○「V70 T5 SE」:499万円
●「V70 T6 AWD R-DESIGN」:699万円
●「S80 T5 SE」:589万円
●「S80 T6 AWD TE」:699万円
○「XC60 T5 LE」:499万円
○「XC60 T6 AWD SE」:609万円
●「XC60 T6 AWD R-DESIGN」:669万円
○「XC70 T6 AWD SE」:629万円

(webCG 関)

関連キーワード:
S80V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
ホームへ戻る