ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

2011.02.04 自動車ニュース

ボルボ、“ぶつからない機能”の採用を拡大

ボルボ・カーズ・ジャパンは、「V70」「S80」「XC60」「XC70」の仕様・装備を見直し、2011年2月11日に発売する。

ワゴン「V70」には、新開発の1.6リッター直4ターボエンジンが搭載され、新たに「V70 DRIVe」の名でラインナップに加えられる。10・15モードの燃費値は12.2km/リッター。エコカー減税の対象にもなる。
さらに、「V70」とセダンの「S80」では、231ps、34.6kgmを発生する従来の2.5リッター直5ターボモデルに代えて、240ps、32.6kgmの2リッター直4ターボモデルが導入される(V70 T5 SE/S80 T5 SE)。こちらも、14%向上した10.8km/リッター(10・15モード値)の燃費が自慢だ。

また、今回の仕様変更では、新型セダン「S60」で話題となった安全機能「ヒューマン・セーフティ」(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)が選べるようになる。
これは、レーザーセンサーとカメラを併用、ヒトをヒトとして認識しつつ、障害物との相対速度が35km/h未満の場合は自動でフルブレーキをかけるなどして追突を未然に回避。それ以上でも衝突時のダメージを軽減できるというもの。

以下、価格表のなかで●印のモデルに標準装備。○印のものにはオプションで用意される。

○「V70 DRIVe」:449万円
○「V70 T5 SE」:499万円
●「V70 T6 AWD R-DESIGN」:699万円
●「S80 T5 SE」:589万円
●「S80 T6 AWD TE」:699万円
○「XC60 T5 LE」:499万円
○「XC60 T6 AWD SE」:609万円
●「XC60 T6 AWD R-DESIGN」:669万円
○「XC70 T6 AWD SE」:629万円

(webCG 関)

「ボルボV70」
「ボルボV70」 拡大
こちらはSUVタイプの「XC60」。
こちらはSUVタイプの「XC60」。 拡大

関連キーワード:
S80V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
ホームへ戻る