「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

2011.02.04 自動車ニュース

「ジャガーXJ」に4つのテーマの特別モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップモデル「XJ」の「ポートフォリオ」に、4つのテーマに合わせて内外装をコーディネートした「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を設定、2011年2月5日より販売を開始する。

「XJ ポートフォリオ」は、ボディカラーやホイールデザイン、インテリアの配色、素材などを、多くの選択肢から自由にセレクトして組み合わせられるグレード。
今回の「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」は、顧客により具体的で選択しやすいイメージを提案するため、「COOL」「WARM」「MODERN」「TRADITIONAL」という4つのテーマに合わせて選んだ内外装を施したモデルだ。

これら4つの組み合わせは、映画監督の手塚眞(テーマ:COOL)、小説家の谷村志穂(テーマ:WARM)、フラワーアーティストの東信(テーマ:MODERN)、雅楽師の東儀秀樹(テーマ:TRADITIONAL)という、それぞれのテーマに合った文化人からの推薦を受けている。

「XJ ポートフォリオ スペシャルセレクション」を採用した車両本体価格は以下のとおり。
・「COOL」:1336万5000円
・「WARM」:1330万円
・「MODERN」:1339万9000円
・「TRADITIONAL」:1339万9000円

(webCG ワタナベ)

「XJ ポートフォリオ」
「XJ ポートフォリオ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 特集 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る