ホンダ、2011年のモータースポーツ活動を発表

2011.02.04 自動車ニュース
発表会場には、2011年シーズンを戦うホンダ系レーサーが勢ぞろい。その意気込みなどを語った。
ホンダ、2011年のモータースポーツ活動を発表

ホンダ、2011年のモータースポーツ活動を発表

本田技研工業は2011年2月4日、東京・青山の本社で記者会見を開き、2011年シーズンのモータースポーツ活動体制を発表した。

参戦マシン「HSV-010 GT」を囲む、SUPER GTのドライバーたち。今シーズンのマシンは、重量配分を考慮してラジエターを車体左右に振り分けて搭載。よりシャープな回頭性が得られるようになったという。
同車の市販化を聞かれたホンダの伊東孝紳社長は、「できたらいいとは思っている」「SUPER GTのマシンは市販車が前提という、主催者の考えには応えたい」と、その可能性がゼロでないことをにおわせた。
参戦マシン「HSV-010 GT」を囲む、SUPER GTのドライバーたち。今シーズンのマシンは、重量配分を考慮してラジエターを車体左右に振り分けて搭載。よりシャープな回頭性が得られるようになったという。
同車の市販化を聞かれたホンダの伊東孝紳社長は、「できたらいいとは思っている」「SUPER GTのマシンは市販車が前提という、主催者の考えには応えたい」と、その可能性がゼロでないことをにおわせた。
アメリカのインディカーから国内レースに舞い戻った武藤英紀。2011年シーズンは、2006年以来のSUPER GT返り咲きとなる。
アメリカのインディカーから国内レースに舞い戻った武藤英紀。2011年シーズンは、2006年以来のSUPER GT返り咲きとなる。

■狙うは連続タイトル 〜SUPER GT

昨2010年シーズンは、国内レースの最高峰SUPER GT選手権で、ドライバーズチャンピオンとチームチャンピオンのダブルタイトルを獲得したホンダ。今回、2011年シーズン開幕を前に記者会見が開かれ、昨年とほぼ同じカテゴリでモータースポーツ活動を行うことが告げられた。
四輪は上記「SUPER GT選手権」のほか「フォーミュラ・ニッポン」にも参戦。海外においても、関連会社ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)を通じて、「インディカーシリーズ」や「ルマン24時間耐久レース」のチームにエンジンを供給する。

人気のカテゴリとなっているSUPER GT選手権には、昨年同様、5チーム5台体制で参戦する。ただし「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)」だけは、ドライバーを2人とも入れ替え。昨シーズンのラルフ・ファーマンと井出有治に代えて、これまでスポット参戦だった小林崇志とインディカーシリーズからの移籍となる武藤英紀がステアリングを握る。
挨拶に立った武藤は、「4年間アメリカで学んだことを(SUPER GTに)生かしたい。あとはヤルだけ。フレッシュな気持ちでいます」とコメント。ひさびさの国内レースに気合十分の様子だった。

この日は、今年もインディカーシリーズを戦う佐藤琢磨も姿を見せた。初参戦となった昨年は、シーズン前の準備不足がたたり思うような成績を残せなかったとのことだが、「その経験を、今年こそは生かしたい。2年目だからモチベーションが上がっているし、心に余裕もある」と期待をにじませた。

昨年に続きインディカーに参戦する佐藤琢磨もまた、気合十分。「今年は心に余裕がある。自分の力を出せそうです」。
昨年に続きインディカーに参戦する佐藤琢磨もまた、気合十分。「今年は心に余裕がある。自分の力を出せそうです」。
ホンダが今年最もタイトル獲得を望んでいる(?)MotoGPを走るライダーたち。写真右から、青山博一、アンドレア・ドヴィツィオーゾ、(伊東社長を挟んで)ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、そしてMoto2に参戦する高橋裕紀。
ホンダが今年最もタイトル獲得を望んでいる(?)MotoGPを走るライダーたち。写真右から、青山博一、アンドレア・ドヴィツィオーゾ、(伊東社長を挟んで)ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、そしてMoto2に参戦する高橋裕紀。
伊東孝紳社長(写真)は、「プロによる観戦型レースだけでなく、誰でも身近に参加できるモータースポーツの普及も進めていく」と語った。
伊東孝紳社長(写真)は、「プロによる観戦型レースだけでなく、誰でも身近に参加できるモータースポーツの普及も進めていく」と語った。

■今年こそ王座奪還 〜MotoGP

一方の二輪は、「MotoGP」をはじめ、その下位カテゴリ「Moto2」、「FIMスーパーバイク選手権」、「英国スーパーバイク選手権」などの海外レースにエントリー。国内でも、「MFJ全日本ロードレース選手権」「鈴鹿8時間耐久レース」、さらにオフロードレースなどに参戦する。
このうち最高峰レースの「MotoGP」は、2006年以来タイトルに縁がなし。社内でも相当ヤキモキしているのか、伊東社長が「今年は、MotoGPだけは絶対に勝ちたい!」と語気を強める場面がたびたび見られた。

このほか、1リッターの燃料でどこまで走れるかを競う伝統のエコランレース「Honda エコマイレッジチャレンジ」は、海外での開催地をいまのベトナムやインドなどからさらに拡大する予定。より多くの子供たちに乗り物に接してもらおうという試み「Honda “Enjoy Kids Rider”(エンジョイキッズライダー)」も昨年に続き実施されるなど、観戦型のものだけでなく、参加・体験型のモータースポーツにも力が入れられる。

お決まりの話題となった「F1復活の見込み」については、伊東社長がきっぱりと否定。ただし、「CR-Z」などハイブリッドカーを使ったモータースポーツについては、個人的に興味があるとのことで、いまのところ予定はなくとも、将来的には検討していきたいとのコメントを残した。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。