【スペック】全長×全幅×全高=4635×1905×1840mm/ホイールベース=2690mm/車重=1970kg/駆動方式=4WD/4リッターV6DOHC24バルブ(276ps/5600rpm、38.8kgm/4400rpm)/価格=314万円(テスト車=336万7850円/265/70R17タイヤ+17×7 1/2Jアルミホイール=11万2350円/リアデフロック=5万2500円/クルーズコントロール=2万7300円/間欠リアワイパー=1万4700円/デアイサー付きフロントウィンドウシールドグリーンガラス=5250円/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア、リアクオーター、バックドア=1万5750円)

トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】

まさに“トヨペット” 2011.02.04 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
……336万7850円

オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。

史上初の(?)かわいい系SUV

去年の春、並行輸入屋さんで借りた「トヨタFJクルーザー」を撮影したことがある。その時点ではまだ、トヨタが日本で販売していなかったのだ。売り物だから走らせるわけにはいかず、左ハンドルの北米仕様は積載車に積まれて登場。カメラマン氏はクルマに全然詳しくない人だったけれど、一目会ったその日から恋の花咲くこともある。
「このクルマ、どうですか?」と尋ねられたけれど、乗ったことがなかったので「中身はランクルのプラドだし、日本の工場で作ってるから悪くないはず」と曖昧に答えた。カメラマン氏の熱を冷ますために「でも、もうしばらく待つとトヨタが正規モノを売るらしいですよ」とアドバイスしたのだけれど、燃えさかる恋の炎を鎮火することはできなかった。数週間後、カメラマン氏は満面の笑みとともに「FJクルーザー」で撮影現場に現れた…。

でも、カメラマン氏の気持ちはわかる。クルマって、欲しくなると今すぐに欲しくなるのだ。そして、FJクルーザーがクルマ門外漢をとりこにしたのは、もちろんデザインに力があったからだ。
FJクルーザーのデザインは「40系ランクル」(1960年〜84年生産の「ランドクルーザー40」)を意識しているとのことだけれど、真横や斜め後ろから見た時のルーフやフェンダーのラインは、最近のSUVよりモダンに見える。だから懐かしさと新しさが入り交じった、複雑なデザインだと思う。自分がこのクルマにそれほどレトロ風味を感じないのは、「MINI」や「フォルクスワーゲン・ビートル」「フィアット500」と違って、40系ランクルと言われてもあまりピンとこないせいかもしれない。

キャラクターラインが、などという小難しい話は抜きにして、丸目2灯のヘッドランプが効いている。最近のクルマはどれも目が吊り上がっていて、カッコはいいけれど怒っているみたい。今までSUVというと「タフ&ワイルド系」と「ゴージャス系」に大別されたけれど、「FJクルーザー」は「かわいいペット系」のSUVという新ジャンルを開拓したのではないか。あと、黄色が似合うSUVに出会ったのも、個人的には「いすゞ・ビークロス」以来、9年振り2度目だ。

インテリアはシンプルで高級な感じはしないけれど、肩の力が抜けたいい具合のユルさが楽しい。仕様によってインテリアは異なるけれど、個人的にはセンタークラスターだけでなくドアトリムまでがボディ同色となる「カラーパッケージ」がおすすめ。

残念ながらテスト車は「カラーパッケージ」ではなかったが、カラーパッケージの場合、ドアトリムまでがボディ同色となる。シートの表面には、はっ水加工が施され、裏側には透湿性の防水フィルムを採用。蒸れにくく、かつシート内部への水の侵入を防ぐ構造となっている。
残念ながらテスト車は「カラーパッケージ」ではなかったが、カラーパッケージの場合、ドアトリムまでがボディ同色となる。シートの表面には、はっ水加工が施され、裏側には透湿性の防水フィルムを採用。蒸れにくく、かつシート内部への水の侵入を防ぐ構造となっている。
「FJクルーザー」は両側に観音開きドアが採用される。
「FJクルーザー」は両側に観音開きドアが採用される。
トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】の画像
北米仕様にはMTモデルも存在するが、日本仕様は4リッターV6エンジンと5ATの組み合わせのみ。今回試乗したノーマル仕様のほかに「カラーパッケージ」(324万円)と「オフロードパッケージ」(332万円)の計3グレードをラインナップする。
北米仕様にはMTモデルも存在するが、日本仕様は4リッターV6エンジンと5ATの組み合わせのみ。今回試乗したノーマル仕様のほかに「カラーパッケージ」(324万円)と「オフロードパッケージ」(332万円)の計3グレードをラインナップする。
関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る