「ポルシェ・ボクスターS」に黒い限定車が登場

2011.02.03 自動車ニュース

ポルシェ・ボクスターSに黒い限定車「ブラックエディション」登場

独ポルシェAGは、オープン2シーター「ボクスター」シリーズに特別仕様車「ボクスターS ブラックエディション」を設定し、987台の限定で発売すると発表した。

先に発表された「911ブラックエディション」に続き、「ボクスター」シリーズにも黒ずくめの特別仕様車が設定された。

ベースとなるのは上級グレードの「ボクスターS」。エクステリアは、基本となるボディカラーはもちろん、ソフトトップ、19インチ「ボクスター スパイダーホイール」、サイドエアインテーク、ロールオーバーバーなどにいたるまで徹底して黒で統一され、ソフトトップのサイド(サイドウィンドウ上方)には「Black Edition」ロゴが入れられる。
インテリアもまた、シートやメーターパネルをはじめ、黒を基調にコーディネートされる。

見た目だけでなく、機関にも手が入れられており、エンジンのパフォーマンスはベースモデルの310ps/6400rpm、36.7kgm/4400-5500rpmから320ps/7200rpm、37.7kgm/4750rpmへとアップ。“最強のボクスター”をうたう「ボクスター スパイダー」と同じスペックとなっている。

そのほか、ウインドディフレクターやクルーズコントロール、サウンドパッケージプラスなどといった快適装備も標準で備わる。

かような「ボクスターS ブラックエディション」は、2011年3月から世界のマーケットにデリバリーされる。日本での価格は未定だが、6段MT仕様と7段PDK仕様が用意される見込みだ。

(webCG 関)

「ポルシェ・ボクスターS ブラックエディション」
「ポルシェ・ボクスターS ブラックエディション」

「ポルシェ・ボクスターS」に黒い限定車が登場の画像

「ポルシェ・ボクスターS」に黒い限定車が登場の画像
写真左から、先に発表された“黒い限定ポルシェ”「911ブラックエディション」の2台と「ボクスターS ブラックエディション」。
写真左から、先に発表された“黒い限定ポルシェ”「911ブラックエディション」の2台と「ボクスターS ブラックエディション」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る