クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4855×1910×1750mm/ホイールベース=2920mm/車重=1830kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(150ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4000rpm)/価格=438万円(テスト車=483万1500円/レザーシートパッケージ=21万円/「RNS510」HDDナビゲーションシステム=24万1500円)

フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】

二代目は親日派 2011.02.03 試乗記 フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)
……483万1500円

新型「シャラン」が日本に上陸した。1.8トンのボディに1.4リッターエンジンを搭載した欧州製ミニバンはどんな走りを見せるのか。

初代「シャラン」が見せたもの

「シャラン」とはまた、懐かしい名前の復活である。先代「シャラン」が日本で発売されたのは1997年のこと。当時のミニバン界の両雄「トヨタ・エスティマ」と「ホンダ・オデッセイ」がまだ初代で、「ホンダ・ステップワゴン」が出たばかりという、国内のミニバン市場がまだ初々しかった頃のことだ。

思えば、その頃すでにミニバンといえば四角いボディというイメージは崩れつつあった。しかし、そんな中でも初代「シャラン」の丸いモノフォルムボディは個性的に映り、異彩を放っていたように記憶している。また、コンパクトな2.8リッターVR6エンジンを短いノーズの下に搭載し、背の高いミニバンらしからぬハンドリングを誇るところなんかにも、“本場モノ”っぽいありがたさを感じたものだ。

それと、そうそう、実は一番うらやましかったのが、初代「シャラン」も当時のヨーロッパ製ミニバンの例にもれず、2列目と3列目のシートが取り外せるようになっていたことだ。

日本のミニバンたちは、シートアレンジの仕掛けをとても苦労して編み出してきた。なのに、あちらのミニバンときたら、そこらへんを端折るかのごとくシートをボンッと取り外して、「ハイッ、荷台が広がりました」とやってのけてしまう。そのシンプルかつ大胆な発想に感服しつつ、あんなに重いシートを外し、それを保管しておけるだけの場所があるヨーロッパの住環境の豊かさがうらやましかったわけである。

でも今回復活した「シャラン」には、もっと驚かされた。日本のミニバンも顔負けの“日本的マナー”を身につけていたからだ。


フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
新型「シャラン」には、アイドリングストップ機能やブレーキエネルギー回生システムなど、環境に配慮した「ブルーモーションテクノロジー」が採用される。
新型「シャラン」には、アイドリングストップ機能やブレーキエネルギー回生システムなど、環境に配慮した「ブルーモーションテクノロジー」が採用される。 拡大

そこかしこに日本車研究の跡

まず2列目に3脚、3列目に2脚配置されるシートがどれも外せなくなり、折りたたんで収納するようになった。なるほど、どうやらドイツにも外したシートの置き場に困ったユーザーが少なからずいたか、さもなくば、正直に面倒くさいと告白した人がいたようである。
それはともかく、見どころは3列目をたたむ、その構造である。ハッチゲート側から背もたれのレバーを操作すると、シート全体が前方に大きくスライドしながら、きっちり見事に収納される。日本車的でありながら、そのどれとも違う、とても賢い工夫だ。

もっとも、仕込まれたバネが強いのか、はたまたモノ自体が重いために勢いがついてしまうのかわからないが、日本車っぽくストンとたたまれるのではなく、「ドスッ!」といかにもドイツ流に力強くいくのが“らしい”。文明は同じでも、文化が違う。ドイツ製品が好きな人なら、思わずニヤリとするところだろう。

また、2列目と3列目のシートは幅がすべて同じ(背もたれの高さは3列目の方が低い)という平等の配慮が見られるところも、日本車とはひと味違う考え方である。ボディサイズは全長4.9×全幅1.9m級におよぶから、室内には大人7人の乗車に耐えうるスペースが広がっている。

それともうひとつ、日本車っぽいといえば、後席用のドアがそうだ。先代型とは違ってスライド式になっていて(ボディ両側に備わっている)、電動で開閉し、しかも標準装備ときている。加えて、上級の「ハイライン」ではテールゲートも電動が標準だ。聞けば、パワースライドドアは、「シャラン」の企画段階から日本側が開発を要望し、実現したものという。

3人がゆったり座れる2列目シート。
写真をクリックすると2列目、3列目シートが倒れるさまが見られます。
3人がゆったり座れる2列目シート。
写真をクリックすると2列目、3列目シートが倒れるさまが見られます。 拡大
身長182cmの筆者が座った図。運転席・助手席はもちろんだが、2列目、3列目の独立シートにもすべて3点式シートベルトが備わる。
身長182cmの筆者が座った図。運転席・助手席はもちろんだが、2列目、3列目の独立シートにもすべて3点式シートベルトが備わる。 拡大
フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

これでたったの1.4リッター?

さらに驚くのは、このクルマのエンジンだ。日本製ミニバンで全長4.9mクラスなら、排気量は2.4リッターぐらいが当たり前になっているが、「シャラン」はなんと例の1.4リッター直4ツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)を積んでいるにすぎないのだ。これに湿式の6段DSGを組み合わせ、車重は1830kgに及ぶ。そう聞いて、いったいどんな走りを想像するだろうか?

これが実にサラッと、しかも頼もしく走るのだ。正直いって、驚いてしまった。1500rpmあたりでグイッとトルクカーブが持ち上がったかと思うと、大きなボディはもたつくことなく、どんどんスピードを乗せていく。カタログ値では0-100km/hが10.7秒というから、「ゴルフTSIコンフォートライン」なんかといい勝負ということになる。

一方で、高回転域はさすがに「ゴルフ」のツインチャージャーのようにビュンビュン回るわけではないが、ミニバンとして大事な静粛性に不満はなし。ロードノイズも気にならない。長いホイールベースを持つ大型ボディのクルマらしく、ピッチング方向の姿勢変化が少なく、乗り心地はフラットでとても快適である。

そこで気になるのは、やはり燃費だ。今回はあくまで参考として、首都高湾岸線を走行中に車載の燃費計をリセットして、20kmほど走行車線のペースに身を任せて走ってみた。すると、いとも簡単に14.5km/リッターという数字を表示してみせた。いかにもミニバンらしく人と荷物を満載して走ったら、この数字からどれくらい低下するかわからない。しかし、これまでの基準からしたら、かなり小食な部類に入ることだけはまちがいない。
こんな“前ノリ”な気分で走れるミニバンは久しぶり。文明は同じでも、文化が一番違うところは、たぶんそこだ。

(文=竹下元太郎/写真=小河原認)

荷室は3列目を倒した状態で711リッター、2列目も倒すと最大2297リッターのスペースを確保する。パワーテールゲートはハイラインにのみ標準装備。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
荷室は3列目を倒した状態で711リッター、2列目も倒すと最大2297リッターのスペースを確保する。パワーテールゲートはハイラインにのみ標準装備。写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大

フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
シャランフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事