【スペック】全長×全幅×全高=3995×1695×1585mm/ホイールベース=2550mm/車重=1090kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(95ps/6000rpm、12.3kgm/4000rpm)/価格=149万5000円(テスト車=178万4800円)

トヨタ・ラクティス1.3レピス(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ラクティス1.3レピス(FF/CVT) 2011.02.02 試乗記 ……178万4800円
総合評価……★★★

フルモデルチェンジを果たし2代目に進化した、トヨタのトールワゴン「ラクティス」。その使い勝手と走りを試した。

荷物の多いファミリーに

「ヴィッツ」をベースとしたトールワゴンの「ラクティス」は、全長4mを切るコンパクトなボディに、余裕ある後席と広い荷室を両立するファミリーカーだ。「ファンカーゴ」、初代「ラクティス」、そして現行モデルと、代を重ねるごとに自慢の長身は少しずつ控えめになり、いまや全高は1585mmまで低められるが、それでもキャビンは十二分に余裕がある。

ここまで来たら、いっそのこと全高を1550mmまで下げて、タワーパーキングへのアクセス性を考えてもよかったのではないか、と個人的には思うのだが、まあそれはさておき、トールワゴンのなかでは低めの全高が、より軽快で安定感ある走りをもたらすから、運転にこだわるユーザーには喜ばれるはずだ。

扱いやすいボディサイズにもかかわらず、人も荷物もたくさん乗せられる高効率パッケージングは、なにかと荷物の多いファミリーには魅力的であるに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラクティスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る