ポルシェジャパン、ボクスターなど大幅値下げ

2011.02.01 自動車ニュース

ポルシェジャパン、「ボクスター」「ケイマン」など大幅値下げ

ポルシェジャパンは2011年2月1日、「ボクスター」「ケイマン」「パナメーラ」「カイエン」の一部グレードの価格を改定。あわせて一部車種の装備見直しを行った。

「911」シリーズを除く多くのモデルで価格改定が行われた。該当モデルの新価格は以下のとおり。

ボクスター:610万円(7AT)/563万円(6MT)
ボクスターS:742万円(7AT)/695万円(6MT)
ケイマン:646万円(7AT)/599万円(6MT)
ケイマンS:796万円(7AT)/749万円(6MT) 
パナメーラ:1004万円(7AT)/929万円(6MT)
パナメーラ4:1062万円(7AT)
カイエンSハイブリッド:1098万円(8AT)

ボクスターで62万円、パナメーラ4で105万円と、大幅な値下げとなる。カイエンSハイブリッドについては、6万円の値上げが行われた。

ただしボクスター、ボクスターS、ケイマン、ケイマンSではフルオートエアコン(11万4000円)が標準装備からオプションに変更。パナメーラ、パナメーラ4は、電動テールゲート、ポルシェダイナミックコーナリングライト、電動ロールブラインド、ドライバーメモリーパッケージ、ウォルナットインテリアトリム、前席シートヒーター(合計59万6000円)が標準装備からオプションに変更されている。

(webCG 本諏訪)

「ポルシェ・ボクスター」
「ポルシェ・ボクスター」 拡大

関連キーワード:
パナメーラケイマンボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
ホームへ戻る