ポルシェジャパン、ボクスターなど大幅値下げ

2011.02.01 自動車ニュース

ポルシェジャパン、「ボクスター」「ケイマン」など大幅値下げ

ポルシェジャパンは2011年2月1日、「ボクスター」「ケイマン」「パナメーラ」「カイエン」の一部グレードの価格を改定。あわせて一部車種の装備見直しを行った。

「911」シリーズを除く多くのモデルで価格改定が行われた。該当モデルの新価格は以下のとおり。

ボクスター:610万円(7AT)/563万円(6MT)
ボクスターS:742万円(7AT)/695万円(6MT)
ケイマン:646万円(7AT)/599万円(6MT)
ケイマンS:796万円(7AT)/749万円(6MT) 
パナメーラ:1004万円(7AT)/929万円(6MT)
パナメーラ4:1062万円(7AT)
カイエンSハイブリッド:1098万円(8AT)

ボクスターで62万円、パナメーラ4で105万円と、大幅な値下げとなる。カイエンSハイブリッドについては、6万円の値上げが行われた。

ただしボクスター、ボクスターS、ケイマン、ケイマンSではフルオートエアコン(11万4000円)が標準装備からオプションに変更。パナメーラ、パナメーラ4は、電動テールゲート、ポルシェダイナミックコーナリングライト、電動ロールブラインド、ドライバーメモリーパッケージ、ウォルナットインテリアトリム、前席シートヒーター(合計59万6000円)が標準装備からオプションに変更されている。

(webCG 本諏訪)

「ポルシェ・ボクスター」
ポルシェジャパン、ボクスター/ケイマンなど値下げ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る