【スペック】全長×全幅×全高=4135×1765×1570mm/ホイールベース=2530mm/重量=1380kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)/価格=245万1750円(テスト車=296万1000円)

日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

冷たい高性能 2011.01.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
……296万1000円

「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。

期待の後発グレード

日産のコンパクトカー用Bプラットフォームに、強化した井桁サブフレームを追加して、「マーチ」や「ノート」とは全く違う世界観をつくり出した「ジューク」。1.5リッターのパワーユニットは、それらBセグメントの共用エンジンというよりもむしろ「革新的なダウンサイジング」という感じで、非常に好感がもてた。質感も、ひとクラス上。でも、個人的には実に「惜しい!」と思えるクルマだった。

その理由は、「SUV的なボディ形状だから腰高感が出るところに、かなり強めのロール剛性が与えられた」から。
もっとわかりやすくいうと? これだけ見晴らしが良い(そしてトレッドの狭い)ボディでキビキビ走ろうとすれば、当然ロールしたら怖いし、それを止めようとすれば足まわりは硬めになる。そのせいで、路面とのコンタクト感がやや希薄になっていた。ダンパーの質感やタイヤの選択もまた、実に惜しいと思ったのである。

そんな1.5リッターモデルの試乗会で、日産自動車のエンジニア氏は「それなら、あとで追加される1.6リッターのターボモデルには期待してください」とおっしゃった。つまり、走りのターボ車用にセッティングが煮詰められた足まわりならば、たとえ腰高なジュークでも、ご所望の質感とスタビリティを味わえますよ、ということなのである。

インテリアの色は、赤×黒のツートンカラー(写真)と黒系ツートンカラーのふたつから選べる。
インテリアの色は、赤×黒のツートンカラー(写真)と黒系ツートンカラーのふたつから選べる。
「日産ジューク」は、2010年6月にまず1.5リッターのFF車がデビュー。5カ月後の11月に1.6リッターのFF車と4WD車が追加された。ひとまわり大きな17インチアルミホイール(写真)は、1.6リッターモデルの特徴のひとつ。なお、タイヤサイズは215/55R17だ。
「日産ジューク」は、2010年6月にまず1.5リッターのFF車がデビュー。5カ月後の11月に1.6リッターのFF車と4WD車が追加された。ひとまわり大きな17インチアルミホイール(写真)は、1.6リッターモデルの特徴のひとつ。なお、タイヤサイズは215/55R17だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る