第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記

2011.01.29 エッセイ

第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記

冬タイヤがない!

昨年暮れのことである。春に買い替えたクルマの冬タイヤを買っていなかったことに気づいた。さっそく自動車修理工場で働く知人のもとに相談に行った。わが家のクルマのご意見番である。
すると彼は開口一番「そういう相談は、11月中旬までに来なくちゃ」と言った。そしてこうつぶやいた。「これからは結構難しいぞ」
イタリアでは毎年11月に入るやいなや、せきを切ったように冬タイヤの注文が舞い込み始めるのだそうだ。

イタリア半島の多くの地域は、11月から急に冬らしくなる。加えて、イタリアのタイヤ卸売業者は在庫を持つのを極端に嫌うので、毎年各サイズを少しずつしか仕入れないため、長年にわたってそうした状況ができあがったようだ。
とりあえず彼は、ボクのクルマのサイズ「195/55R16」をメモして、ダメもとで知り合いのタイヤ業者に次々と電話してくれた。だが案の定みんな売り切れである。

彼は次に職場のパソコンを使って、イタリア国内にある卸売りサイトにアクセスしてくれた。業者向け(一般客お断り)のサイトを通じて「業者値段で仕入れてあげよう」という計らいである。
さっそくサイトを開く。「ミシュラン」「ピレリ」といった一流ブランドのものは残っていたが、いずれも1本150ユーロ(約1万6000円)以上する。4本で約6万7000円だ。ヨーロッパ全体を襲った記録的な大雪のせいで、さらに品薄になってしまったようである。

いっぽうで、50ユーロ(約5600円)ちょっとの、名も聞いたことのない爆安タイヤが残っていた。ボクの目が思わず光った。だが知人は「待て」とボクをたしなめる。
「トレッドパターンが悪いうえ、ここまで安いと公認冬用タイヤの“雪の結晶”マークが付いていない場合があるぞ」
“雪の結晶”マークがないと、欧州各国でチェーン規制のとき、警察などに通してもらえない場合があるという。それでは困る。そこで、その爆安モノからワンランク上の60ユーロ(約6700円)台のタイヤを見る。

インドネシア製の「GTラジアル」というブランドである。GTラジアルはミシュランを筆頭株主に持ち、米「Motor」誌で2006年にコストパフォーマンス賞を受賞した云々、と説明がつづられている。ふと思い出したら、ボクは前に乗っていたクルマにも、夏用タイヤか冬用タイヤだったが忘れたがGTラジアルを履かせたことがあった。
ただし、サイトには「入荷待ち」のサインが付いているので、とりあえず知人にサイトをときおり確認してもらうことにして、その日は帰ることにした。タイヤでこんなに苦労するなんて。つくづく安タイヤ3本で済む3輪トラック「アペ」が羨ましくなった。

2010年末の雪の日、シエナの広場で。
第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記
近所の谷も雪景色となった。
第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記
電話やネットでタイヤ在庫を必死に照会する筆者(イメージ)。
第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記
公認冬タイヤを示す「雪の結晶」マーク。
第178回:ピンチ! イタリア式、冬タイヤ探し奮闘記

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。