マツダ、「プレマシー」を日産にOEM供給

2011.01.28 自動車ニュース

マツダ、「プレマシー」を日産にOEM供給

日産自動車とマツダは2011年1月28日、新たなOEM供給契約を締結したと発表した。

今回マツダから日産にOEM供給が決まったのは、2010年7月にフルモデルチェンジしたコンパクトミニバン「プレマシー」である。

日産車として世に出るOEM車両は、「マツダ車と明確に区別化された商品」(プレスリリース)とのことで、2011年5月より供給がスタートする。同車は国内市場に向けてのみ販売されるという。
なお、日産には同クラスのミニバン「ラフェスタ」があるが、デビューからすでに6年以上が経過している。

両社は現在も相互にOEM供給を行っており、日産は「マツダ・ボンゴバン/トラック」を「バネットバン/トラック」として販売、マツダは「日産AD/ADエキスパート」を「ファミリアバン」として販売している。

(webCG 本諏訪)

「マツダ・プレマシー」
マツダ「プレマシー」を日産にOEM供給

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.7.30 試乗記 マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)
    ……335万6650円/286万500円

    人気の2リッタートールミニバンに仲間入りした「マツダ・ビアンテ」。“Zoom-Zoom Tall”を謳う箱形ミニバンは、マツダらしさを備えているのか?
ホームへ戻る