第423回:コージの勝手に大予言2011 その2
 Vivaマツダ!! デザインに大修正入りますっ!

2011.01.28 エッセイ

第423回:コージの勝手に大予言2011 その2 Vivaマツダ!! デザインに大修正入りますっ!

東洋人と欧米人は違う

ってなわけで、前々回にひき続きVivaマツダ!! の話。

マツダがいい意味で“ガラパゴス化”しなければいけないってことは、エンジニアのみなさんはよく分かっているみたい。ただし、彼らが自覚している生命線は、一連の「スカイアクティブ」技術以上に「デザイン」にあるようだ。
そりゃそうだ。クルマが技術以上に人間の心に素早く、分かりやすく訴える要素はカタチであることに間違いはない。しかも、売れる売れないは別として、その鮮烈さと一貫性でもって、今の日本でヨーロッパブランドに太刀打ちできるブランドはマツダしかない! と思う。これって俺だけじゃなく、日本のクルマ好きなら誰もが認めるとこだと思うけどね。

マツダの現デザイン部門トップは、2009年にデザイン本部長に就任した前田育男さん。俺が最も好きな国産車の現行「デミオ」や「RX-8」を手掛けた人でもある。
こないだのスカイアクティブ試乗の際、同時に新しいデザインテーマである「魂動(KODO)=Soul of Motion」の説明も受けた。これが反映されたコンセプトカーが3月のジュネーブショーで出るクロスオーバーの「勢(MINAGI)」や現物を見せてくれた「靭(SHINARI)」だ。この路線を一般の人や業界関係者がどう捉えるかはともかく、前田さんの言う「動きの表現で、世界のトップになりたい」って気持ちは、俺にはすごく伝わってきた。

というか、マツダが目指してる世界は「動きの表現」だったのかと改めて確認できたし、そこがグローバルデザインに見えるポイントなんだと感じた。他の日本車はどっちかっていうと止まってるデザインが多いもんね。
MINAGIもSHINARIも、特有の5角形グリルから始まるラインが、それぞれボンネット、フェンダー、バンパーサイドスカートあたりを通って、調和しつつもなまめかしくリアに集結する。その途切れのなさが奇麗だし、しかも過剰に肉食系マッチョでないところがいい。

とりあえずその評価は今後に譲るとして、今回俺が感じたのはそこにある東洋人と欧米人のデザイン感覚の違いだ。

マツダのデザイン本部長である前田育男さん(左)と。
マツダのデザイン本部長である前田育男さん(左)と。
「マツダ靭(SHINARI)」
「マツダ靭(SHINARI)」

第423回:コージの勝手に大予言2011 その2 Vivaマツダ!! デザインに大修正入りますっ!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』