【スペック】全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm/ホイールベース=2595mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)/価格=379万円(テスト車=499万7000円)

MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/6MT)【試乗記】

MINIの拡大解釈 2011.01.28 試乗記 MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/6MT)
……499万7000円

4枚ドアの新型MINI「クロスオーバー」が日本上陸。シリーズ初の四駆モデルに試乗した。

リメイクの範疇を超えている

そもそも考えてみれば、ニュー「MINI」というクルマは、オリジナルMINIを“リメイク”するところにスタート地点があったクルマだ。これはすなわち、ゴール地点もオリジナルMINIであることを意味している。

どういうことかというと、ビートルズのコピーを生業(なりわい)としてスタートしたバンドは、どれほど演奏能力が高くて、どれほど作曲能力に恵まれていたとしても、ポールが間違えて演奏したところはそのとおりまねなくてはならないし、酷なことを言うようだが、自らのオリジナル曲を演奏することは望まれていない。なぜなら、ビートルズを超えたり、ビートルズより正しく演奏した瞬間に、別モノになってしまうからである。

だから本来、リメイクカーにモデルチェンジや進化などというものはありえないはずなのだ。だって、リメイクするたびに解釈がちょこちょこと変わっているようでは、リメイクとは呼べないじゃないか。
つまりニューMINIは、モデルチェンジをした瞬間にオリジナルのリメイクの範疇(はんちゅう)を超えていたわけであり、独自の進化を志すオリジナルカーになっていたと考えた方が、きっといいのだ。

見るからに大きい「MINIクロスオーバー」を前にして、まずはそんなことを考えた。そしたら、ずっとこのクルマが理解しやすくなった。ハッチバックモデルより高い位置にあるドアハンドルを引き、いざ、運転席に着いてみる。


MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/6MT)【試乗記】の画像
「MINIクロスオーバー」の特徴である「センターレール」。カップホルダーなどを好きなところに固定することができる。
「MINIクロスオーバー」の特徴である「センターレール」。カップホルダーなどを好きなところに固定することができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.1 試乗記 この秋、MINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」に2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車が加わった。MINIの走りの特徴であるゴーカートフィーリングは守られたのか、それとも……。パワー違いで2機種設定されるうち、パワフルな「クーパーSD」の方に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • MINIクーパーSD クロスオーバー(FF/6AT)【試乗記】 2014.10.16 試乗記 「MINI」のSUVモデルである「クロスオーバー」に、クリーンディーゼルエンジン搭載車が登場。新しいパワーユニットによって付加された魅力と、いつの時代もMINIが持ち合わせている不変のキャラクターに触れた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る