燃費111km/リッターのVW、「XL1」登場

2011.01.27 自動車ニュース
「フォーミュラXL1」が披露された、カタールショーのフォルクスワーゲンブース。
燃費111km/リッターのVW、「XL1」登場

燃費111km/リッターのフォルクスワーゲン、「XL1」登場

独フォルクスワーゲンは、2011年1月26日に開幕したカタールショーに、優れた燃費性能をうたうコンセプトカー「フォーミュラXL1」を出展した。


燃費111km/リッターのVW、「XL1」登場の画像
空力を考慮してリアタイヤが覆われる「フォーミュラXL1」。空気抵抗を示すCd値は、0.186だ。
空力を考慮してリアタイヤが覆われる「フォーミュラXL1」。空気抵抗を示すCd値は、0.186だ。
「フォーミュラXL1」の透視図。ドアはユニークな跳ね上げ式で、乗車定員は2名。パワーユニットはキャビン後方に配される。
「フォーミュラXL1」の透視図。ドアはユニークな跳ね上げ式で、乗車定員は2名。パワーユニットはキャビン後方に配される。

「フォルクスワーゲン・フォーミュラXL1」は、いわゆるプラグインハイブリッドのコンセプトカーだ。
48psを発生する0.8リッター直噴ターボディーゼルエンジンと電気モーターを併用。さらに、家庭用電源からの電力供給をも可能とし、111km/リッター(欧州複合モード)の燃費性能を実現する。モーターのみ使用して(EV走行)、最長で35km走ることもできる。

この「フォーミュラXL1」が生まれた背景には、フォルクスワーゲンの1リッターカー構想、すなわち「1リッターの燃料で100km走れるクルマを市場に投入する」という考えがある。同社は、2002年にその第1号となるプロトタイプを発表し、2009年のフランクフルトショーにもそれに続くコンセプトカー「L1」を出展している。

リアタイヤがスパッツで覆われた「フォーミュラXL1」のエクステリアは、それら“ご先祖様”の面影を感じさせるもの。ただし、シートの配列が過去のタンデム(縦並び)からより一般的な横並びになり、跳ね上げ式ドアも乗降性に優れた形式に変えられるなど、その造りはより生産車に近い、現実的なものとなっている。

(webCG 関)

コンセプトカーにしては、市販車然としたインテリア。空気抵抗を考慮してサイドミラーは撤去。死角の映像がドア部のモニターに映し出される。
コンセプトカーにしては、市販車然としたインテリア。空気抵抗を考慮してサイドミラーは撤去。死角の映像がドア部のモニターに映し出される。

燃費111km/リッターのVW、「XL1」登場の画像

燃費111km/リッターのVW、「XL1」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。