アストン、V8ヴァンテージに「S」を追加

2011.01.26 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」にスポーティバージョン追加

英アストン・マーティンは2011年1月25日、新型スポーツカー「V8ヴァンテージS」を発表した。

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」は、既存のスポーツカー「V8ヴァンテージ」をベースに開発された、さらなるハイパフォーマンスモデルだ。

4.7リッターV8エンジンの最高出力と最大トルクは、ノーマルの426ps、47.9kgmから436ps、49.9kgmへと高められ、これまでのものより変速スピードで20%勝る新開発の7段セミオートマチックトランスミッション「Sportshift II」が組み合わされる。
「Sportshift II」では、1-6速のギア比がより近づけられたことにより、加速性能がアップ。一方で7速はハイギアード化、高速巡航時の静粛性と燃費性能の向上を実現したという。なお、最高速度も288km/hから305km/hへとアップしている。

パフォーマンスの向上にあわせ、足まわりも刷新。サスペンションは、スプリング、ダンパーそろって専用品に。フロントブレーキディスクは355mmから380mmへと大径化され、リアタイヤは10mmワイド化。専用デザインの19インチホイールもおごられ、カーボン製のフロントスプリッターやリアディフューザーとともに、外観上の特徴となっている。

また、ステアリングのセッティングも、ロック・トゥ・ロックが3.04回転から2.62回転とされるなど、よりクイックなものへと変更。
走りを支える制御システム「ダイナミックスタビリティコントロール」についても専用のチューニングが施されており、走りに合わせて「ノーマルモード/トラックモード/オフ(介入なし)」の3ステージから選択できる。

そんな「V8ヴァンテージS」は、クローズドボディのクーペと、オープンボディのロードスターの2種類が用意される。
2011年4月には日本でも発売される見込みだ。

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V8ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
ホームへ戻る