アストン、V8ヴァンテージに「S」を追加

2011.01.26 自動車ニュース

「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」にスポーティバージョン追加

英アストン・マーティンは2011年1月25日、新型スポーツカー「V8ヴァンテージS」を発表した。

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」は、既存のスポーツカー「V8ヴァンテージ」をベースに開発された、さらなるハイパフォーマンスモデルだ。

4.7リッターV8エンジンの最高出力と最大トルクは、ノーマルの426ps、47.9kgmから436ps、49.9kgmへと高められ、これまでのものより変速スピードで20%勝る新開発の7段セミオートマチックトランスミッション「Sportshift II」が組み合わされる。
「Sportshift II」では、1-6速のギア比がより近づけられたことにより、加速性能がアップ。一方で7速はハイギアード化、高速巡航時の静粛性と燃費性能の向上を実現したという。なお、最高速度も288km/hから305km/hへとアップしている。

パフォーマンスの向上にあわせ、足まわりも刷新。サスペンションは、スプリング、ダンパーそろって専用品に。フロントブレーキディスクは355mmから380mmへと大径化され、リアタイヤは10mmワイド化。専用デザインの19インチホイールもおごられ、カーボン製のフロントスプリッターやリアディフューザーとともに、外観上の特徴となっている。

また、ステアリングのセッティングも、ロック・トゥ・ロックが3.04回転から2.62回転とされるなど、よりクイックなものへと変更。
走りを支える制御システム「ダイナミックスタビリティコントロール」についても専用のチューニングが施されており、走りに合わせて「ノーマルモード/トラックモード/オフ(介入なし)」の3ステージから選択できる。

そんな「V8ヴァンテージS」は、クローズドボディのクーペと、オープンボディのロードスターの2種類が用意される。
2011年4月には日本でも発売される見込みだ。

(webCG 関)

「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージS」
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」
こちらは、オープンバージョンの「V8ヴァンテージS ロードスター」
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。
インテリアの様子。オプションのカーボンファイバー/ケブラーコンポジットのシートを選ぶと、17kgの軽量化が可能となる。

関連キーワード:
V8ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を発表 2017.11.24 自動車ニュース アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時公開した。「DB11」から導入された新世代のアルミボディーに、510psを発生する4リッターV8ターボエンジンを搭載。デリバリーは2018年の第2四半期に開始される予定となっている。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る