黒い限定ポルシェ、911ブラックエディション登場

2011.01.26 自動車ニュース
「ポルシェ911ブラックエディション」
真っ黒な限定ポルシェ、911ブラックエディション登場

真っ黒な限定ポルシェ、「911ブラックエディション」登場

独ポルシェAGは、「911」シリーズに特別仕様車「911ブラックエディション」を設定し、1911台の限定で2011年春に発売すると発表した。


黒い限定ポルシェ、911ブラックエディション登場の画像
黒とアルミの銀色が強いコントラストを織りなすインテリア。
黒とアルミの銀色が強いコントラストを織りなすインテリア。
限定車であることを示すシリアルナンバー入りプレートがグローブボックスリッドに添えられる。
限定車であることを示すシリアルナンバー入りプレートがグローブボックスリッドに添えられる。

「911ブラックエディション」は、3.6リッターの「911カレラ」をベースに、その名のとおり黒を基調とするドレスアップが施された特別仕様車。クローズドボディのクーペとオープンスタイルのカブリオレ、2つの車形が用意される。

エクステリアは、ソリッドの黒または黒メタリック(オプション)のボディカラーとされ、カブリオレの幌も黒で統一される。ホイールは、19インチの「911ターボII ツートンカラーホイール」を採用。その内側に納まるブレーキキャリパーの色も黒とする徹底ぶりだ。

インテリアもまた黒が基本だが、「Black Edition」ロゴの入ったサイドシルが与えられるほか、シフトノブやエアベントなど、アルミニウム調仕上げのパーツがアクセントとして用いられる。
13個のスピーカーからなる(カブリオレは12個)「BOSEサラウンドサウンドシステム」やクルーズコントロール、パークアシストシステムといった快適装備が備わるのも自慢だ。

なお、エンジンなど機関部分はベースモデルと変わらず。MT仕様と7段PDK仕様がラインナップする。

価格や日本への導入時期は未定。

(webCG 関)

「911ブラックエディション」に与えられる、19インチ「911ターボII ツートンカラーホイール」。
「911ブラックエディション」に与えられる、19インチ「911ターボII ツートンカラーホイール」。
黒い限定ポルシェ、911ブラックエディション登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る