「シトロエンDS3」に色がジマンの限定車

2011.01.26 自動車ニュース

「シトロエンDS3」に色がジマンの限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年1月25日、「シトロエンDS3」の特別限定車「DS3スポーツシック エディション」と「DS3シック エディション ブラン」を発売した。

「DS3スポーツシック エディション」は、1.6リッターターボ+6MT仕様の「DS3スポーツシック」をベースに、通常は設定のない色の組み合わせを採用した特別仕様車だ。新色のブルー ベリル(青)を採用した「エディション ブルー」(35台限定)をはじめ、ジョーヌ ペガス(黄)の「エディション ジョーヌ」(25台限定)、ルージュ エリトレ(赤)の「エディション ルージュ」(20台限定)の3タイプが設定される。ルーフカラーは全タイプ、ブラン オパール(白)で、ホイールキャップやシフトノブはボディカラーによって異なる色があしらわれる。

また3モデルには、17インチ・ツートンノアール・アロイホイール、ヘッドライトロアクローム、クロームドアミラーカバー、リアゲートウィンドウクローム、テールライトクロームリングも特別装備される。

価格はベース車と同じ、269万円。販売台数は、あわせて80台の限定となる。

「DS3シック エディション ブラン」は、1.6リッターNA+4ATの「DS3シック」をベースに、ボディカラーとルーフをその名の通りホワイト(ブラン バンキーズ)のモノトーンで統一した限定車。ワインレッドのアマランテレザーシート、クロームのドアミラー、サイドプロテクター、17インチ・ツートンブラン・アロイホイール、ブランダッシュボードなどが特別装備される。

価格はベースモデルより6万円高い、255万円。30台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

「DS3スポーツシック エディション」
「DS3スポーツシック エディション」 拡大
「DS3スポーツシック エディション ジョーヌ」の内装。
「DS3スポーツシック エディション ジョーヌ」の内装。 拡大
「DS3シック エディション ブラン」
「DS3シック エディション ブラン」 拡大
「DS3シック エディション ブラン」の内装。
「DS3シック エディション ブラン」の内装。 拡大

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • 女性誌『ELLE』とコラボした「シトロエンC3」限定発売 2018.5.14 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年5月14日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」に特別仕様車「ELLE(エル)」を設定し、150台の台数限定で発売した。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
ホームへ戻る