「シトロエンDS3」に色がジマンの限定車

2011.01.26 自動車ニュース

「シトロエンDS3」に色がジマンの限定車

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年1月25日、「シトロエンDS3」の特別限定車「DS3スポーツシック エディション」と「DS3シック エディション ブラン」を発売した。

「DS3スポーツシック エディション」は、1.6リッターターボ+6MT仕様の「DS3スポーツシック」をベースに、通常は設定のない色の組み合わせを採用した特別仕様車だ。新色のブルー ベリル(青)を採用した「エディション ブルー」(35台限定)をはじめ、ジョーヌ ペガス(黄)の「エディション ジョーヌ」(25台限定)、ルージュ エリトレ(赤)の「エディション ルージュ」(20台限定)の3タイプが設定される。ルーフカラーは全タイプ、ブラン オパール(白)で、ホイールキャップやシフトノブはボディカラーによって異なる色があしらわれる。

また3モデルには、17インチ・ツートンノアール・アロイホイール、ヘッドライトロアクローム、クロームドアミラーカバー、リアゲートウィンドウクローム、テールライトクロームリングも特別装備される。

価格はベース車と同じ、269万円。販売台数は、あわせて80台の限定となる。

「DS3シック エディション ブラン」は、1.6リッターNA+4ATの「DS3シック」をベースに、ボディカラーとルーフをその名の通りホワイト(ブラン バンキーズ)のモノトーンで統一した限定車。ワインレッドのアマランテレザーシート、クロームのドアミラー、サイドプロテクター、17インチ・ツートンブラン・アロイホイール、ブランダッシュボードなどが特別装備される。

価格はベースモデルより6万円高い、255万円。30台限定で販売される。

(webCG 曽宮)

「DS3スポーツシック エディション」
「DS3スポーツシック エディション」
「DS3スポーツシック エディション ジョーヌ」の内装。
「DS3スポーツシック エディション ジョーヌ」の内装。
「DS3シック エディション ブラン」
「DS3シック エディション ブラン」
「DS3シック エディション ブラン」の内装。
「DS3シック エディション ブラン」の内装。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る