【スペック】全長×全幅×全高=4945×1845×1500mm/ホイールベース=2900mm/車重=1860kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6800rpm、35.7kgm/5000rpm)、交流同期電動機(68ps、27.5kgm)/価格=577万5000円(テスト車=646万8000円/BOSEサラウンド・サウンドシステム=18万9000円/特別塗装=5万2500円/プレミアムインテリアパッケージ=45万1500円)

日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】

おもしろハイブリッド 2011.01.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
……646万8000円

燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。

力試しの1200km

「日産フーガハイブリッド」で興味深いのは、何といってもその燃費性能である。そこで、とりあえず東京〜大阪間の往復を試みた。往路は高速道路、帰路は一般国道と走行パターンを変えて、さらに東京〜横浜を2往復して首都圏の燃費もとってみた。

まず高速道路での印象から。土曜日だったこともあり、交通量はかなり多い。しかし渋滞して止まってしまうほどではなく、大型トラックは多いものの流れてはいる。瞬間的には120km/h、上り坂でトラック同士の追い越しに続く時などは60km/hまで落ちる、といった走行パターンを繰り返す。

そんなとき、Dレンジのままだと分からないが、マニュアルモードにシフトしてその時のギアポジションをみると、4速か5速に入っていることが多い。フーガハイブリッドのATは7段であるものの、高速道路ならトップギアの7速で走っているかというと、決してそうではない。
平坦路を100km/hで走ってるときにマニュアル操作でシフトアップさせても、走行抵抗に勝てるほどエンジン回転は上がらず、すぐシフトダウンしてしまう。5速でも1500rpmでの使用を前提にしているに過ぎない。一番燃費が稼げる条件と思われる7速におけるミニマムな速度は130km/h、ということになりそうだ。

オプションのプレミアムインテリアは、本革巻きステアリング&シフトノブやスエード調ルーフ、銀粉本木目フィニッシャー、前席シートバックグリップベルト、セミアニリン本革シート、前席エアコンディショニングシートが装備される。
オプションのプレミアムインテリアは、本革巻きステアリング&シフトノブやスエード調ルーフ、銀粉本木目フィニッシャー、前席シートバックグリップベルト、セミアニリン本革シート、前席エアコンディショニングシートが装備される。

日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る