VWパサートCC定員アップ 自動ブレーキも

2011.01.25 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・パサートCC」定員アップ 自動ブレーキ機能も

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「パサートCC」の仕様と装備を一部変更し、2011年1月下旬からデリバリーを開始する。

“4ドア4シータークーペ”を称する「フォルクスワーゲン・パサートCC」のリアシートが、3人掛けに。定員5名の4ドアクーペへと仕様変更された。
また、制動エネルギーを電力として蓄える「ブレーキエネルギー回生システム」も新たに採用された。

安全性能もアップ。上級グレードの「V6 4MOTION」では、前方の障害物を検知しドライバーに警告する「フロントアシスト」に自動ブレーキ機能を追加。30km/h未満での走行時に衝突の可能性が高まると、必要に応じて完全停止状態まで車両を減速させ、危険を回避またはダメージを軽減できるようになった(シティエマージェンシーブレーキ機能)。

エントリーグレード「2.0TSI」でも、この新機能は、クルーズコントロール機能や車線逸脱防止機能などとのセットオプション「テクノロジーパッケージ」(30万4500円)として用意される。
このほか「2.0TSI」については、2リッターエンジンの出力向上(200ps→211ps)や、アルミホイールのデザイン変更なども実施。一方で、標準のHDDナビゲーションシステムはCDオーディオシステムに変更される。

価格は、「2.0TSI」がこれまでより11万円安の495万円で、「V6 4MOTION」が5万円高の625万円。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・パサートCC」
「フォルクスワーゲン・パサートCC」
 
VWパサートCC定員アップ 自動ブレーキもの画像
リアシートの様子。これまで小物入れなどにあてられていた左右シート間には座面とヘッドレストが追加され、定員は3名とされた。
リアシートの様子。これまで小物入れなどにあてられていた左右シート間には座面とヘッドレストが追加され、定員は3名とされた。
シティエマージェンシーブレーキ機能のイメージ。追突の危険を警告するだけでなく、減速まで自動で行われるようになった。
シティエマージェンシーブレーキ機能のイメージ。追突の危険を警告するだけでなく、減速まで自動で行われるようになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートCCの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る