マツダ、EVを自社開発 2012年春に発売

2011.01.25 自動車ニュース

マツダ、電気自動車を自社開発 2012年春に発売

マツダは2011年1月24日、「デミオ」をベースとする電気自動車を自社開発し、2012年春よりリース販売を開始すると発表した。

マツダ初となる市販型の電気自動車(EV)は、5人乗りコンパクトカー「デミオ」をベースに開発され、航続距離は200km程度が目標値とされる。発売は2012年春頃の予定で、国内の地方自治体や法人顧客への販売が想定されている。

マツダでは、パワートレインの効率改善や車両の軽量化など、自動車の基本性能を優先的に高め、その上で段階的にエネルギー回生システムやハイブリッドシステムなどの燃費向上デバイスを組み合わせていく"ビルディングブロック戦略"を進めている。その核となるのは、高効率パワートレインや軽量ボディ&シャシー技術の「SKYACTIV(スカイアクティブ)」だが、それと並行してEVの開発も進めているという。将来これらの技術が融合すれば、プラグインハイブリッド車や「水素ロータリーエンジン付きEV」のようなクルマも登場するかもしれない。

マツダは、今回のリース販売を通じて、ユーザーの利便性や電気駆動技術の実用性についてさらなる知見を深めていくとしている。

(webCG 曽宮)

「デミオ」(写真は、ガソリン仕様)。
「デミオ」(写真は、ガソリン仕様)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る