フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.01.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型4シーターGT「FF」を出展

伊フェラーリは、新しい4人乗り・4WDのニューモデル「FF」の概要を発表した。

「FF」は、フェラーリの次世代4シーターGTのプロトタイプだ。「Ferrari Four」の頭文字をとり“FF”を名乗るが、これは4シーター・4WDを意味するもの。エンジンをフロントに搭載し、4輪を駆動する。

デザインを担当したのは、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナ。スポーツカーらしいスタイリングと実用性を両立させるため、後席の乗員スペースとたっぷりした荷室スペースをもつシューティングブレーク風のスタイリングが採用された。荷室容量は450リッターとDセグメントセダン並で、さらに後席の格納により、最大800リッターにまで拡大できるという。

ボディサイズは、全長4907mm×全幅1953mm×全高1379mm。既存の4シーターV12フェラーリ「612スカリエッティ」とほぼ同サイズである。

エンジンは、排気量6262ccの新型V12ガソリン直噴ユニット。トランスミッションは、デュアルクラッチ式F1ギアボックスを採用する。スペックは、最高出力660hp/8000rpm、最大トルク69.7kgm/6000rpm。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hと公表される。

フェラーリ初となる4WDシステム「4RM」は、4輪に継続的かつ高精度なトルク配分を行うことで、路面を問わず高いスタビリティを発揮するという。従来のシステムと比べると50%軽く仕上がっており、前後47:53という理想的な重量配分を実現(プレスリリース)したとうたわれる。

「FF」は、2011年3月のジュネーブショーで正式に発表される予定で、このままのかたちで市販されると思われる。

(webCG 曽宮)

「FF」
【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型GT「FF」を出展

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型GT「FF」を出展

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型GT「FF」を出展

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売 2016.11.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。車両価格は712万~1186万円。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
ホームへ戻る