フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.01.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型4シーターGT「FF」を出展

伊フェラーリは、新しい4人乗り・4WDのニューモデル「FF」の概要を発表した。

「FF」は、フェラーリの次世代4シーターGTのプロトタイプだ。「Ferrari Four」の頭文字をとり“FF”を名乗るが、これは4シーター・4WDを意味するもの。エンジンをフロントに搭載し、4輪を駆動する。

デザインを担当したのは、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナ。スポーツカーらしいスタイリングと実用性を両立させるため、後席の乗員スペースとたっぷりした荷室スペースをもつシューティングブレーク風のスタイリングが採用された。荷室容量は450リッターとDセグメントセダン並で、さらに後席の格納により、最大800リッターにまで拡大できるという。

ボディサイズは、全長4907mm×全幅1953mm×全高1379mm。既存の4シーターV12フェラーリ「612スカリエッティ」とほぼ同サイズである。

エンジンは、排気量6262ccの新型V12ガソリン直噴ユニット。トランスミッションは、デュアルクラッチ式F1ギアボックスを採用する。スペックは、最高出力660hp/8000rpm、最大トルク69.7kgm/6000rpm。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hと公表される。

フェラーリ初となる4WDシステム「4RM」は、4輪に継続的かつ高精度なトルク配分を行うことで、路面を問わず高いスタビリティを発揮するという。従来のシステムと比べると50%軽く仕上がっており、前後47:53という理想的な重量配分を実現(プレスリリース)したとうたわれる。

「FF」は、2011年3月のジュネーブショーで正式に発表される予定で、このままのかたちで市販されると思われる。

(webCG 曽宮)

「FF」
「FF」

フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】の画像

フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】の画像

関連キーワード:
FFフェラーリジュネーブモーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る