フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】

2011.01.24 自動車ニュース

【ジュネーブショー2011】フェラーリ、新型4シーターGT「FF」を出展

伊フェラーリは、新しい4人乗り・4WDのニューモデル「FF」の概要を発表した。

「FF」は、フェラーリの次世代4シーターGTのプロトタイプだ。「Ferrari Four」の頭文字をとり“FF”を名乗るが、これは4シーター・4WDを意味するもの。エンジンをフロントに搭載し、4輪を駆動する。

デザインを担当したのは、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナ。スポーツカーらしいスタイリングと実用性を両立させるため、後席の乗員スペースとたっぷりした荷室スペースをもつシューティングブレーク風のスタイリングが採用された。荷室容量は450リッターとDセグメントセダン並で、さらに後席の格納により、最大800リッターにまで拡大できるという。

ボディサイズは、全長4907mm×全幅1953mm×全高1379mm。既存の4シーターV12フェラーリ「612スカリエッティ」とほぼ同サイズである。

エンジンは、排気量6262ccの新型V12ガソリン直噴ユニット。トランスミッションは、デュアルクラッチ式F1ギアボックスを採用する。スペックは、最高出力660hp/8000rpm、最大トルク69.7kgm/6000rpm。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は335km/hと公表される。

フェラーリ初となる4WDシステム「4RM」は、4輪に継続的かつ高精度なトルク配分を行うことで、路面を問わず高いスタビリティを発揮するという。従来のシステムと比べると50%軽く仕上がっており、前後47:53という理想的な重量配分を実現(プレスリリース)したとうたわれる。

「FF」は、2011年3月のジュネーブショーで正式に発表される予定で、このままのかたちで市販されると思われる。

(webCG 曽宮)

「FF」
「FF」

フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】の画像

フェラーリ、新型GT「FF」を出展【ジュネーブショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

FFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その1) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フェラーリは「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開した。
ホームへ戻る