第421回:コージの勝手に大予言2011!
 「スカイアクティブ」で今年はマツダの年だぜきっと(笑)

2011.01.24 エッセイ

第421回:コージの勝手に大予言2011! 「スカイアクティブ」で今年はマツダの年だぜきっと(笑)

目覚めよ、カントリーカンパニー

みなさま遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

実は年末やっと話題の新技術、マツダの「スカイアクティブ(SKYACTIV)」なるものを広島で試してきまして、ひとしきり感動してきた次第なのであります。
一説によりますと、真のオリジナル技術&文化はカントリーサイドでしか育たないそうな。これは別に田舎をバカにした話ではなく、単純に情報の流動性に起因する。基本、そこに優れた都会はトレンド形成において有利であって、逆にガラパゴス諸島よろしく、情報&人的交流の少ないところでは固有の技術が生まれ、固有の文化が育つ。これまた一つの文化人類学的というか、社会人類学的定説なわけですね。

で、本題のマツダの新技術スカイアクティブ。コイツはすでに報道でご存じの人もいるとおり、パワートレインだけの話しではなく、ボディからシャシーまで、クルマ全体にかかわる新しいコンセプトの総称だ。

でも一番の話題は、やっぱりエンジンでしょう。今年発売予定の「デミオ」(マイチェンモデル)は、なんと10・15モード燃費で30km/リッター! それもハイブリッド技術ナシで達成している。
最大のポイントは、“圧縮比の壁”を打ち破ったこと。ガソリンエンジンの圧縮比が通常「11」前後のものを「14」に上げ、ディーゼルは「17」前後から「14」に落とした。これにより、それぞれのエネルギー効率が15〜20%ぐらいアップし、それも回転数全域で達成したってことになっている。

効率が上がれば、パワーと燃費性能がアップするのは当然だ。しかも、ハイブリッドみたいにハイテク電池も使わないし、ディーゼルだって圧縮比が落ちた分、排出ガスがキレイになって高価なNOx触媒が要らなくなるからコストが安く、さらにイージーメンテナンスも可能になる。ぶっちゃけ、そんなオイシイ話がいまさらあるの? ってぶったまげたけど、本当にそうなんだからしょうがない。

実際、俺が試乗した2リッターガソリンの「スカイアクティブG」を搭載するプロトタイプの「MAZDA6」(アテンザ)は、2.2リッターディーゼルターボぐらいのトルク感なんでビックリ。低回転でのトルクは普通だったけど、特に高速低回転からガバッとアクセルを踏んでも高圧縮比エンジンにありがちな「カラカラ」というノッキングを起こすこともなく、問題ナシ。当然発売までにはいろいろ直すところがあるんだろうけど、俺が感じた限りではレスポンスも良くて、それでいて違和感もなくパーフェクト。正直キツネにつままれたというか、不思議な感覚になりましたね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』