第177回:ダイハツ欧州撤退と民宿の目覚まし時計

2011.01.22 エッセイ

第177回:ダイハツ欧州撤退と民宿の目覚まし時計

ご縁は1960年代から

本サイト読者の方ならご存じと思うが、ダイハツは2011年1月14日、欧州市場での新車販売を2013年1月で終了すると発表した。
円高ユーロ安、そして欧州CO2規制等に対応するためのコスト増加で、今後日本生産の完成車輸出では事業が成り立たないと判断したものである。

ダイハツの発表によると、現在ヨーロッパにおけるディストリビューターの数は10社、ディーラー数は約1000社(うち専売ディーラーは400社)という。
筆者が住むイタリアにおけるダイハツ販売の歴史を振り返ってみると、1994年、ダイハツ・イタリア社の前身であるDPS社が設立され「ダイハツ・フェローザ」(日本名:ロッキー)の販売を開始したのがその始まりであった。
ただしそれ以前にもスイスなどを経由し「ダイハツ・タフト」などの並行輸入は行われていたという。

また今回の販売撤退とは直接関係ないが、ダイハツのイタリアン・コネクションは長い。
1963年春、カロッツェリア・ヴィニャーレによるデザインの「ダイハツ・コンパーノバン/ワゴン」を発売し、同年秋のトリノショーには同じくヴィニャーレによる「ダイハツ・スポーツスパイダー/クーペ」を展示している。
1981年には当時デ・トマゾ傘下にあったイノチェンティと契約調印し、「イノチェンティ・ミニ」のために「ダイハツ・シャレード」用3気筒エンジンを供給した。ちなみに同年モンテカルロ・ラリーでは、シャレードがクラス優勝を果たしている。

さらに1992年にはピアッジョの本拠地であるポンテデラにダイハツ・ヨーロッパを設立し、「ハイゼット」をベースにした「ポーター」のKD生産を開始した。ダイハツ・ヨーロッパは2003年に解散するが、日伊両スタッフのサインでボディが埋められたラインオフ1号車は、今でもポンテデラのピアッジョ博物館に展示されている。
ジウジアーロともつながりがあった。1998年の2代目「ムーブ」のデザインや、2006年パリサロンのコンセプトカーは、彼らの共同作業の結果である。

「トレビス(日本名:ミラジーノ)」。シエナの目抜き通り「バンキ・ディ・ソプラ」にて。
「トレビス(日本名:ミラジーノ)」。シエナの目抜き通り「バンキ・ディ・ソプラ」にて。
「マテリア(日本名:クー)」。シエナにて祭りの日に。
「マテリア(日本名:クー)」。シエナにて祭りの日に。
ピアッジョ製「ポーター(日本名:ハイゼット)」と「コペン」が仲良く並ぶ。
ピアッジョ製「ポーター(日本名:ハイゼット)」と「コペン」が仲良く並ぶ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。