日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

2011.01.21 自動車ニュース

日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ムラーノ」をマイナーチェンジし、2011年2月3日より販売を開始する。

2008年9月の登場から2年余りが経過した2代目「日産ムラーノ」。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更と、一部装備の見直しが行われた。

エクステリアの変更点は、フロントグリル、フロントバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど。フロントまわりを中心にデザインが刷新され、先進性と質感の向上が図られた。インテリアには、ホワイト基調の表示でドライバーの視認性を向上させる新デザインのコンビメーターを採用。本革シートとドアトリムのデザイン変更、センタークラスターの色味変更などとあわせ、プレミアム感が高められた。

装備のグレードアップも図られた。「XV」グレードには、地デジチューナーの内蔵やiPod等の外部オーディオ機器への対応によりエンターテインメント機能が充実した「カーウイングスナビゲーションシステム」(HDD方式)と、オートスピードコントロール装置を標準装備。さらにISO FIX対応チャイルドシート用アンカー(後席左右)が、全グレードに標準装備となった。

価格は、297万1500円から446万9850円。

(webCG 曽宮)

「日産ムラーノ350XV FOUR」
「日産ムラーノ350XV FOUR」 拡大
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。 拡大
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。 拡大
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。 拡大

関連キーワード:
ムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第90回:「日本」は日本のメーカーにとっての足かせ 2018.5.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第90回は「日本は日本のメーカーにとっての足かせ」。元日産の中村史郎氏インタビュー第5弾。セダン離れが進む国内市場、ニッポンのユーザーには一体どんな特徴があるのか!? グローバル視点で分析する。  
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る