日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

2011.01.21 自動車ニュース

日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ムラーノ」をマイナーチェンジし、2011年2月3日より販売を開始する。

2008年9月の登場から2年余りが経過した2代目「日産ムラーノ」。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更と、一部装備の見直しが行われた。

エクステリアの変更点は、フロントグリル、フロントバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど。フロントまわりを中心にデザインが刷新され、先進性と質感の向上が図られた。インテリアには、ホワイト基調の表示でドライバーの視認性を向上させる新デザインのコンビメーターを採用。本革シートとドアトリムのデザイン変更、センタークラスターの色味変更などとあわせ、プレミアム感が高められた。

装備のグレードアップも図られた。「XV」グレードには、地デジチューナーの内蔵やiPod等の外部オーディオ機器への対応によりエンターテインメント機能が充実した「カーウイングスナビゲーションシステム」(HDD方式)と、オートスピードコントロール装置を標準装備。さらにISO FIX対応チャイルドシート用アンカー(後席左右)が、全グレードに標準装備となった。

価格は、297万1500円から446万9850円。

(webCG 曽宮)

「日産ムラーノ350XV FOUR」
「日産ムラーノ350XV FOUR」
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムラーノの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る