日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

2011.01.21 自動車ニュース

日産、「ムラーノ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ムラーノ」をマイナーチェンジし、2011年2月3日より販売を開始する。

2008年9月の登場から2年余りが経過した2代目「日産ムラーノ」。今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更と、一部装備の見直しが行われた。

エクステリアの変更点は、フロントグリル、フロントバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど。フロントまわりを中心にデザインが刷新され、先進性と質感の向上が図られた。インテリアには、ホワイト基調の表示でドライバーの視認性を向上させる新デザインのコンビメーターを採用。本革シートとドアトリムのデザイン変更、センタークラスターの色味変更などとあわせ、プレミアム感が高められた。

装備のグレードアップも図られた。「XV」グレードには、地デジチューナーの内蔵やiPod等の外部オーディオ機器への対応によりエンターテインメント機能が充実した「カーウイングスナビゲーションシステム」(HDD方式)と、オートスピードコントロール装置を標準装備。さらにISO FIX対応チャイルドシート用アンカー(後席左右)が、全グレードに標準装備となった。

価格は、297万1500円から446万9850円。

(webCG 曽宮)

「日産ムラーノ350XV FOUR」
「日産ムラーノ350XV FOUR」
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
インテリアは、質感向上をテーマにメーターやセンタークラスター、シート&トリム地などが変更された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
アルミホイールは、3.5リッターモデルには20インチ(写真)、2.5リッターモデルには18インチサイズの金属調塗装タイプが採用された。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。
リアコンビランプは、ボディサイドのキャラクターラインを強調するデザインとされた。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 日産ムラーノ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.3.2 試乗記 ……397万2150円
    総合評価……★★★★

    4WDモデルのみだった「日産ムラーノ」に、FFモデルが登場。個性派SUVの走りは、駆動方式によってどんな違いを見せるのか? 上級「XV」グレードで試した。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る