新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者

2011.01.20 自動車ニュース

新型「MRワゴン」誕生、すべての若者向けに

新型「スズキMRワゴン」デビュー、ターゲットは若者

スズキは2011年1月20日、軽乗用車「MRワゴン」をフルモデルチェンジして発表。同日販売を開始した。

「16年ぶりの新エンジンと軽量化が特徴」と新型「MRワゴン」を紹介する、スズキの鈴木修会長兼社長。
「16年ぶりの新エンジンと軽量化が特徴」と新型「MRワゴン」を紹介する、スズキの鈴木修会長兼社長。
ロングホイールベース、ロングルーフが特徴のサイドビュー。
ロングホイールベース、ロングルーフが特徴のサイドビュー。

■「20代男女」がターゲット

「MRワゴン」は、2001年にモノフォルムデザインをまとった“スタイリッシュ軽”として初代がデビュー。2006年にはその主要なターゲットである“ママ向け”の装備を充実させた2代目が登場した。
今回発表された3代目は、「斬新で個性的なデザイン」や「こだわりの空間」というコンセプトは継承するものの、ターゲットを「20代の男女」に大きくシフト。「若者の感性に響く」とアピールする、角張ったエクステリアやユニークなインテリアなどで新たな客層を呼び込む考えだ。

新開発のプラットフォームを採用し、16年ぶりに全面刷新した軽自動車用の新エンジンを搭載。NAとターボそれぞれにCVTが組み合わされる。ボディカラーは全6色で、価格は113万1900円から151万950円。すべてのグレードにFF車と4WD車が用意される。


新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者の画像

新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者の画像
ベーシックグレード「G」のリアシート(写真)は、スライドはできないが15段階のリクライニングが可能。上級の「X」、ターボの「T」のリアシートは、左右分割でそれぞれ160mmの前後スライドと6段階のリクライニングができる。
ベーシックグレード「G」のリアシート(写真)は、スライドはできないが15段階のリクライニングが可能。上級の「X」、ターボの「T」のリアシートは、左右分割でそれぞれ160mmの前後スライドと6段階のリクライニングができる。

■クラスで最軽量

ボディサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1625mmと、先代より5mm背が高くなった。ホイールベースは2425mmと65mm延長され、居住性のほか乗り心地や直進安定性の向上にも貢献する。

エクステリアは「20代男女のライフスタイルに溶け込むデザイン」(プレスリリース)を目指したという。丸みを帯びた先代から一転、直線的なデザインに生まれ変わった。リアビューには若干先代の面影が残るものの、フロントマスクはライトやグリルの意匠が大胆に改められた。
Aピラーが起こされることで生まれたロングルーフデザインは、特徴的なサイドビューを形作るとともに、室内には良好な視界と広い空間を与えている。

インテリアは「シンプルでモダンな、くつろげる自分の空間」をイメージしたもの。インパネ部分は、なだらかな曲面を描きながら左右を貫く白のガーニッシュに黒い光沢パネルが配置される、コントラストの強いデザインが採用された。ドアトリムやファブリック地のシートも曲面が用いられた形状で、広さと豊かな表情が演出されている。
ボディは高張力鋼板を各部に採用。スポット溶接打点以外の肉を削り取るなど、後述のエンジン軽量化とあわせ、徹底的な軽量化が図られている。「軽ワゴン最軽量」と同社がアピールするその重量は790kg(「G」グレードFF車)で、従来型比でおよそ30kg軽い。

サスペンションには従来型同様、前マクファーソンストラット/後I.T.L.式が採用される。しかしフロントストラットのボディとのマウント部分は、2カ所で留める方式から1カ所に変更。取付け剛性を見直すことで、操縦安定性と乗り心地、静粛性がアップしたという。


新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者の画像

新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者の画像
タイヤサイズは「G」「X」が145/80R13、「T」は155/65R14。幅を狭め外径を大きくすることで、燃費を向上させた。
タイヤサイズは「G」「X」が145/80R13、「T」は155/65R14。幅を狭め外径を大きくすることで、燃費を向上させた。

■16年ぶりの新エンジンを搭載

新型MRワゴンに搭載されるのは、新開発の「R06A型」エンジン。同社の軽自動車が長く使用してきた0.66リッター直3DOHC「K6A型」エンジンの登場から、なんと16年ぶりにリニューアルされた。

新ユニットはボア64mm×ストローク68.2mmと、従来型(68mm×60.4mm)よりロングストローク化。オールアルミである点は従来型エンジンと同様だが、各種パーツの軽量化によりさらに軽く作られた。
軽自動車初という吸排気VVT(ターボは吸気側のみ)も採用。ポンピングロス低減と、燃費向上に寄与するバルブ開閉タイミングを細かく制御することで、エンジン効率のアップが図られた。冷却性能向上による高圧縮比化に加え、吸排気ポート/燃焼室形状の見直しによる燃焼効率向上なども新エンジンの改善項目となる。
なお、MRワゴンにはアイドリングストップ機構は備わらないものの、将来的には同機能を加えることができる設計になっているとのことだ。

さらに、FF車にはスズキ初となる「ペンデュラム(振り子)式エンジンマウント」を採用したのもニュース。従来の3点支持式に比べエンジン振動が車体に伝わりづらいメリットがあるという。

その最高出力と最大トルクは、NAエンジンが54psと6.4kgm、ターボエンジンが64psと9.7kgmというもの。それぞれ従来型よりも低回転域でのトルクアップを果たしたことが特徴だ。組み合わされるトランスミッションは、広いギアレンジを実現する副変速機付きのCVT。気になる燃費性能は、10・15モードでNAが25.5km/リッター、ターボが22.5km/リッター(それぞれFF車の数値)となり、従来型に比べ約15%の燃費改善を達成している。

タッチパネル式のオーディオ。なお、オーディオレス仕様もオプションで用意される。
タッチパネル式のオーディオ。なお、オーディオレス仕様もオプションで用意される。

新型「MRワゴン」デビュー、ターゲットは若者の画像

■タッチパネル式オーディオを採用

箱形ティッシュがそのまま置けるインパネトレーや、助手席下のシートアンダーボックスなど、先代同様に気が利いた収納スペースも多い。スペアタイヤが省かれた荷室床下にはラゲッジアンダーボックスも備わる。

装備で特徴的なのはオーディオ。フラットな黒のパネルは「iPhone」などでおなじみの静電容量式タッチパネル式となっており、軽く触れたりスライドさせることで操作が可能だ。バックモニターの映像もこちらに表示される。
USBソケットも標準で用意。手持ちのオーディオデバイスを接続しての音楽再生ができるのは、ターゲットである若者にはうれしい装備だろう。

前席SRSエアバッグは標準装備。ターボモデル「T」のFF車には、フロントシートSRSサイドエアバッグ/SRSカーテンエアバッグのほか、ヒルホールド機能付きのESPもオプションで用意される。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る