【スペック】S63 AMG ロング(写真左):全長×全幅×全高=5260×1870×1485mm/ホイールベース=3165mm/車重=2200kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(571ps/5500rpm、91.8kgm/2250-3750rpm)/価格=2292万円(テスト車=2447万円/AMGパフォーマンスパッケージ=130万円/ドライバーアシスタンスパッケージ=25万円)

メルセデス・ベンツCL550 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/S63 AMG ロング(FR/7AT)【試乗記】

白鳥とUFO 2011.01.19 試乗記 メルセデス・ベンツCL550 ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/S63 AMG ロング(FR/7AT)
……1738万円/2447万円

3割、5割はあたりまえ!? 燃費が大幅に向上したというメルセデスとAMGの新型V8エンジンの感触やいかに?

燃費が5割以上もアップ!

「あなた、今まで燃費のことなんか考えたことなかったでしょっ!」とツッコミを入れたくなったのは、AMGの新しいV8エンジンが従来型に比べて5割以上も燃費がよくなったと聞いた時。ここで、急に3分の2以下になるなんて牛丼の値段ですか、てな意地悪を言うと、天に唾することになる。わが身を振り返っても、つい数年前まで燃費は二の次、三の次だった。
大事なのは明日への取り組み。「CLクラス」のマイナーチェンジと同じタイミングでメルセデス・ベンツとAMGのV型8気筒エンジンが大きく燃費を改善したものへと移行した。新エンジン搭載の「CLクラス」および「Sクラス」を紹介したい。

まず、メルセデス・ベンツの自然吸気5.5リッターV型8気筒エンジンが4.7リッターV8直噴ツインターボへとダウンサイジング。より緻密に燃料の量をコントロールできる直噴の採用もあって、燃費が約3割も改善された。排気量を小さくしながらも、ツインターボの過給によってパフォーマンスは向上。最高出力は435psと、従来の5.5リッターユニットに比べて48psのパワーアップを果たした。最大トルクも71.4kgmと、17.4kgmが上積みされている。

一方AMGでは、自然吸気6.2リッターV型8気筒エンジンが5.5リッターV8直噴ツインターボへと移行。燃費を5割以上改善しながら、最高出力は従来型比プラス19psの544ps、最大トルクもプラス17.4kgmの81.6kgmとなっている。
ちなみに今回試乗した「S63 AMG ロング」にはAMGパフォーマンスパッケージという130万円(!)のオプションが装着されており、最高出力は571ps、最大トルクも91.8kgmにまで引き上げられている。

といったところで説明はおしまい。「CL550 ブルーエフィシェンシー」と「S63 AMG ロング」に順番に試乗してみましょう。

従来型5.5リッターNAユニットに比べて約12%のパワーアップを実現しながら、約3割の燃費向上を達成した新型4.7リッターV8直噴ツインターボエンジン。CO2排出量を、従来の288g/kmから224g/kmにまで削減している。「CL550 ブルーエフィシェンシー」に搭載。
従来型5.5リッターNAユニットに比べて約12%のパワーアップを実現しながら、約3割の燃費向上を達成した新型4.7リッターV8直噴ツインターボエンジン。CO2排出量を、従来の288g/kmから224g/kmにまで削減している。「CL550 ブルーエフィシェンシー」に搭載。
5割以上の燃費改善を果たした新型の5.5リッターV8エンジン。その要因となったのが、アイドリングストップ機構と新型トランスミッションだという。「S63 AMG ロング」に搭載。
5割以上の燃費改善を果たした新型の5.5リッターV8エンジン。その要因となったのが、アイドリングストップ機構と新型トランスミッションだという。「S63 AMG ロング」に搭載。
「CL550 ブルーエフィシェンシー」
「CL550 ブルーエフィシェンシー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る